毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

いつも通り強いユベントス イタリアセリエA第4節サッスオーローユベントス

ボヌッチの抜けたユベントス。10番を背負うジバラはここまで5ゴール。チームのために献身的に戦うユベントスが今季も見たい。

スタメン

f:id:rio20120106:20170920052411j:image

ミランとは対照的に、ユベントスは新加入のマテュイディ以外は昨季からのメンバー。成熟したサッカーが見られるか。

 

ユベントスの先制点のシーン。

キエリーニのところでハマりかけたが、縦の裏へ抜けるマンジュキッチ素晴らしいボールが出る。

f:id:rio20120106:20170920055013j:image

ここでイグアインはニアへ飛び込みディフェンスを連れていく。そのイグアインのいたスペースへジバラが逆サイドから走りこむ。ディフェンスは最も見えにくい位置から入ってくる。マンジュキッチの優しいグラウンダーのクロスにダイレクトで左足。カーブしてサイドネットへ。得意な左足で決めた。ジバラを引き立てる勤勉なメンバー。

 

前半32分には非常にユベントスらしい場面が見られた。左サイドをカウンター気味に攻められる。マンジュキッチが下がってきてボールを奪う。ディバラに預ける。プレッシャーを受けながら逆サイドの裏へ、クアドラドが全力疾走。裏で受けるも味方は上がってきていない、いや1人だけサポートするイグアインイグアインのシュートはクロスバーを越えた。マンジュキッチ、クアドラド、イグアインが長い距離を全力疾走 してこのチャンスを作っている。決して若くない面々が格下相手に走る。それがユベントス

 

前半40分から41分にかけては、相手のプレッシャーが弱まったと見ると、あえて攻めずにキーパーやディフェンスラインを中心にボールを回す。常に攻め続けるのではなく、チームとして休む時間を作る。これも90分、そして1シーズン戦い抜くための戦法か。

 

ユベントスの後半の追加点はマテュイディが起点。

f:id:rio20120106:20170921045211j:image

ここからマークされているジバラへズバッと速いボールを入れる。ジバラはスルーしてイグアインへ、さすがのアルゼンチンホットライン。イグアインはキープして右サイドのクアドラドへ。クアドラドからのグラウンダーのクロスを中央のエリア内でジバラが受ける。前にディフェンス1枚。シュートコースはないと思った次の瞬間、ボールはゴールネットに吸い込まれていた。右足寄りにトラップしたボールに左アウトで放たれたコントロールシュートは、ゴール右隅の絶妙のコースへ、キーパーも意表を突かれ反応が遅れる。シュートはゴールへのパス。そんなロベルトバッジョの言葉を思い出させるような見事なゴール。ジバラだから見つけられるコースを狙うプレーは、相手選手の対応を遅れさせる。

 

1点返されるも、後半17分に再びジバラ。自ら倒されて得たフリーキックを決めてハットトリック

今季は4節で早くも8点目。

 

結局3ー1で勝利したユベントスチャンピオンズリーグバルセロナに敗れたが、エースのジバラが好調で今年も強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新生ミランの戦い方は? イタリアセリエA第4節ミランーウディネーゼ

サンシーロでのミランのホームゲーム。ユベントスから電撃移籍したボヌッチの調子はどうか。

ミランは今節から3バックを採用する。

スタメン

f:id:rio20120106:20170920034004j:image

 

ミランは、昨年までの在籍メンバーの中でスタメンはドンナルマ、ロマニョーリ、ボナベントゥーラ、スソの4人だけ。

 

3バックになり、ディフェンスラインでボールを回す時に両サイドのリカルドロドリゲスとカラブリアが高い位置を取る。

f:id:rio20120106:20170920042200j:image

ボヌッチからの狙撃。フォワードの裏を狙うボールもディフェンスラインから自在に出せるボヌッチ。一気に局面を変えるボールを供給する。前半20分にはカラブリアへレーザービームは40メートルはあったか。

 

インサイドハーフのボナベントゥーラとケシエのディフェンスラインの裏への飛び出し。

f:id:rio20120106:20170920043904j:image

ボーの供給源であるビリアやディフェンスラインの3人が持つと、スソやカリニッチが動き出し、それに合わせて裏へ走り抜けるインサイドハーフの2人。相手のディフェンスラインはマークがつきにくい。基本的に左右の担当は決まっていて、フィールドを縦に5分割した時の、右1にカラブリア、右2にケシエ、中央にビリア、左2にボナベントゥーラ、左1にリカルドロドリゲス。スソは自由に動き、カリニッチは前でポストに徹する。サイドを使ったとしても、中には4枚入ることが多く、前線に人が多い形になりやすい。6枚が裏を狙う可能性のある布陣。

 

守備時にはコースを限定していく守備が見られる。

f:id:rio20120106:20170920045403j:image

 相手のセンターバックが持つ時に、スソが中を切りながら寄せ、サイドバックに出たところをカラブリアが寄せる。この時の寄せ方だが、限定して寄せて止まるのではなく、ボールに寄せ切るような守備、かわされても周囲がサポートするようなボールを奪い切る守備。この時、ケシエはボランチ見ながら抜かれたらサポートする。ボールサイドの裏は3バックがタイトにつき、ビリアがサポートする。

 

前半22分、ミランカラブリアのクロスにカリニッチが決めて先制する。左サイドでリカルドロドリゲスカラブリアのクロスのこぼれ球をカリニッチが拾い、右サイドのカラブリアへ、エリア内からのクロスにカリニッチが詰めた。1-0

 

前半28分、ミランは左サイドの低い位置からのスローインを受けたロマニョーリが中央へ戻したパスが中央のスペースへ、ラザーニャが走りこんできてゴールを決める。1-1

この辺りの連携はまだまだか。

 

前半30分、再びミランが得点する。コーナーキックからケシエがフリックし、ゴール前に詰めたのはまたもカリニッチ。2ー1

 

 このまま2ー1で終了。連携はこれからさらに深まるだろう。チームとしての可能性を感じるミラン

 

 

 

 

イングランドプレミアリーグ第5節 チェルシーvsアーセナル

チェルシーチャンピオンズリーグアーセナルヨーロッパリーグを戦う中でのリーグ戦の大一番、ビッグロンドンダービー。

どういった戦い方が見られるか。

スタメン

f:id:rio20120106:20170919030446j:image

チェルシーのセスクはかつてアーセナルの中心選手。アーセナルのチェフはかつてチェルシーの中心選手だった。ともにスタメンに名を連ねる。

 

同じフォーメーションでの戦い。その中で両チームの狙いが出たシーンを見ていく。

f:id:rio20120106:20170919032325j:image

チェルシーは前からプレッシャーに来るアーセナルに対し、ディフェンスライン特にケーヒルからダイレクトで前線のウィリアンに出すシーンが目立つ。マイボールになれば、3トップと3バックの3ー3の状況を作り、こぼれ球をカンテらが拾ってチャンスを作れる。チェルシーのコンテ監督は、イタリア代表監督の時にも使っていた戦術で、プレッシャーがかかる時はアバウトに前線にボールを入れることで、低い位置で奪われるのを防ぐ。

 

 

一方のアーセナルの強みの一つは右サイドのベジェリンのスピード。同じスペイン人のアロンソをスピードで振り切る力がある。同じシステムでマッチアップする場合、ストロングポイントが生かしやすい。前半の間に何度も右サイドを突破してエリア内からクロスを入れるベジェリン。

 

チェルシーはこの選手だけは技術があるので、特権を与えているか。

セスクがラムジーのプレッシャーを受けながら反転、ここでも前線の中央だけを見ると3ー3になっている。モラタが引いて空いたスペースに斜めに走りこむペドロ。そこへセスクの左足浮き玉のスルーパスがピンポイントで通る。キーパーと1-1になるも決められない。

f:id:rio20120106:20170919034459j:image

 

アーセナルチェルシーの3トップへの早いタイミングで入れて来るボールに、コンパクトにすることで対応。守備時にラインを高くし、距離を近くしてラムジー、ジャカ、コラシナツ、ベジェリンが自分のマークも見ながらボールにサポートする。いい形で奪ってカウンターからチャンスを作る。

f:id:rio20120106:20170919040931j:image

ペドロが受けた時には、セスクのマークのラムジーが挟み込み、コラシナツやジャカもボール付近でカバーする。ここからラムジーが奪い、ドリブルで自らエリア内に進入。シュートは惜しくもポスト。

 

後半に入り、両チーム選手を入れ替えながら修正してくる。

チェルシーはペドロ→バカヨコでバカヨコがボランチ、セスクがトップ下に入る。次に、アーセナル、ラカゼット→サンチェスでサンチェスがそのままトップの位置に入る。さらにチェルシーはウィリアン→アザール。そのままウィリアンのポジションに入る。両チームともすごい選手が途中から出てくる。

f:id:rio20120106:20170919042946j:image

 

後半31分、アーセナルフリーキック。中央でムスタフィが合わせてゴールネットを揺らすもオフサイドチェルシーペナルティーエリアにラインを定め、キックの瞬間までラインを保ったことで、オフサイドを取れた。

 

結局両チーム決め手を欠き、0ー0で終了。逆に言うと、ディフェンスラインやキーパーの奮闘と素早い戦術対応で、相手にゴールを割らせなかった。

 

 

 

 

マンチェスターユナイテッドの戦術 マンチェスターユナイテッドーエバートン

ルーニーが青いユニフォームを着てオールドトラフォードに帰ってくる。

そんな試合でモウリーニョマンチェスターユナイテッドの戦術を見ていきたい。

スタメン

 f:id:rio20120106:20170918111433j:image

 

 前半4分、フォーメーションはどんな感じかなと見ていたところでバレンシアのすごいボレーが決まる。左サイドでマティッチからのアーリークロスフェライニルカクが中に入ったことでその前のエリア付近が空く。そこへ後ろから上がってきたバレンシアへ。バレンシアはダイレクトボレーで決めた。ルカクフェライニを囮に使った、先制パンチ。1-0

 

 前半27分、マンチェスターユナイテッドの守備戦術。エバートンのキーンが持つ。

f:id:rio20120106:20170918121635j:image

つなぐサッカーをチームでやろうとしているエバートン。キーンもパスコースを探す。少し距離はあるが、ゲイエへのコースが空いている。そこへ出したパスが少し弱かったこともあったが、見事にマタにインターセプトされる。ルカクがディフェンスラインの裏へ走る。そこへスルーパスが通るも、シュートは外れた。チームとしてマンチェスターユナイテッドならやりかねない狙い。相手のやろうとすることを逆手のとり、一気に決定機を作り出す。

 

 後半37分、ルーニーが交代するシーンでは、オールドトラフォードマンチェスターユナイテッドのファンがスタンディングオベーションで送り出す。サッカーの素晴らしさを感じるシーン。

 

後半はエバートンがポゼッションを高め、試合をコントロールしているようにも見える展開。しかし、決定機はほぼ作らせず粘り強い守備をするマンチェスターユナイテッド

後半38分、フェライニが中盤でパスカット。ショートカウンタールカクへ、シュートも打てる。しかし、ルカクから3人目で走りこむムヒタリアンへ。ムヒタリアンが流し込む。前がかりになる相手につねに狙っているフェライニ。そして、ここはというところで出てくるムヒタリアン。2ー0

 

後半43分には、ゴール前でのセットプレーのキッカーとなったルカクは、シュートが壁に当たるも、味方のシュートに壁の後ろに走り込み、こぼれを押し込んだ。こぼれに対して、壁の裏に走りこむ意識は大切。3ー0

 

最後はPKで4ー0。

 

内容的にはそこまでの差はないが、結果的に4ー0

そんな試合運びがうまいマンチェスターユナイテッド

 

 

 

 

 

 

横浜Mー柏 Jリーグ第26節

Jリーグも終盤。上位の直接対決。

サイド攻撃に強みを持つ両チームの対決に注目した。

そして、両チームとも失点が少ない。この守備の仕方も見ていきたい。

スタメン

f:id:rio20120106:20170918020031j:image

 

前半8分の柏のショートカウンター

柏は守備時に前線から行く時は、前線の4枚が相手の4バックディフェンスライン3枚とキーパーに寄せる。そのため、ボランチ2枚の横のスペースは空きがち。そこで中町からパスを受けようとする富樫。

f:id:rio20120106:20170918021514j:image

 

戻る小林は富樫のキープを読んで体を入れて奪う。そこからのショートカウンター。クリスチアーノとのワンツーから持ち上がり、左サイドから斜めに中央の裏へ抜けるハモンロペスへスルーパス。ハモンロペスのクロスはファーへ流れた。奪ってから前線に人が多く、高い位置で奪えると決定機が作りやすい柏。

 

一方の横浜は前半9分、ついに遅すぎる今期初ゴールが生まれる。横浜の左サイドバック山中が、ちょうど伊東と小池の間のどっちが行くのという位置で受ける。少し遅れたボールへのプレッシャー。アーリークロスは富樫が中で狙うも、中谷に当たり、斎藤へこぼれる。狙いすました右足はカーブがかかってきれいにゴールへ吸い込まれた。これほどの選手が今まで得点できなかったのは今期のJリーグの不思議な現象の1つだったが、今後一気に吹っ切れて得点を量産する可能性がある。

 

柏の攻撃の特徴の1つが左サイドウイングの伊東の突破。右ボランチの大谷がフリーで持つとき、右サイドバックの小池が高い位置で開いて伊東が空いたスペースにおりてきて受ける。

f:id:rio20120106:20170918024231j:image

開いて受けることも多いが、たまにこの位置で受けてよりゴールに近い位置で仕掛ける。ここからクリスチアーノとのワンツーで持ち上がり、ボランチ2枚の間を抜けて突破するも中澤のタックルに阻まれる。

 

前半終了間際の45分と46分には、斎藤が左サイドからの見事な崩し2連発。45分は左サイドでボールを受けて取りに来ない相手を見て一度止まる。そこから一気に加速して2人を置き去りにする。緩急と細かいタッチで抜き去る。最後は天野へスルーパスを通し、決定機を演出するもゴールならず。46分は、左サイドでで受けて中へカットイン。オーバーラップの山中を使い、マイナスのクロスを受けてシュートも、キーパーセーブ。斎藤のドリブルから周りが動き始めて、横浜の多彩な攻撃が見られる。

 

柏は小林→武富

キムボギョンがボランチへ。

 

柏は後半、終了間際にクリスチアーノのフリーキックが決まり1-1で終了。

 

ヘタフェのバルセロナとの戦い方

日本が誇る天才柴崎のヘタフェがホームにバルセロナを迎えた一戦。

今期まだ4戦して無失点のバルセロナとの戦い方とともに見ていきたい。

先日の

チャンピオンズリーグではユベントスに3ー0と圧勝している。

スタメン

f:id:rio20120106:20170917064209j:image

バルセロナがボールを持つ時間が長くなる。ヘタフェの守備の基本陣形。

柴崎とモリーナが前線。残りの8枚で2ラインを作る。センターバックのピケとユムティティには行かず、ブスケッツに入ったところを柴崎かモリーナのどちらかが行く。

f:id:rio20120106:20170917065807j:image

 

バルセロナもそれがわかっているので、メッシが引いてきてブスケッツの位置で受けたり、ピケがドリブルで持ち上がったり。ヘタフェも、マークを受け渡しながら、自分のゾーンに入ってきたボールに行く守備で対応する。

 

ヘタフェの攻撃はいい取り方をした時だけ出て行く。前半16分には、左サイドでアントゥネスがラキティッチからのパスを前向きだカット。こういう形では人をかけられる。前のアマトヘ、柴崎はアマトの外を回ってクロス。ファーでモリーナが合わせる。わずかに合わせきらなかったがあわや1点のシーンを演出する。

 

前半25分、バルセロナデンベレが負傷、デウロヘルが交代で入る。

 

バルセロナも高い位置からはそんなにプレッシャーをかけてこない。徐々にヘタフェペースになりつつある前半39分、その時はやってきました。

ヘタフェは左サイドでフリーキック、ゴール前に蹴り込んだボールはバルセロナにクリアされるも再びゴール前に蹴り込む。このクリアは中途半端になり柴崎のところへ浮き球のボールがこぼれてくる。左足のボレーは見事にゴールに突き刺さる。一瞬時が止まったようなそんな衝撃の一撃。力が入らずにきれいに振り抜いている。シュートを練習する時には是非イメージしてほしい力の抜け方とミートの仕方。1-0

 

前半1-0で折り返したヘタフェ。

 

後半9分、柴崎は負傷で途中交代。心配です。

 

後半17分、バルセロナは右サイドでデウロヘルが仕掛ける。奪われるもボールがこぼれてセルジロベルトがサポート。マイナスのクロスにデニススアレスが決めて1-1。

時間がない中でデニススアレスのワントラップコントロールシュートは見事。

 

引き分けもあるかと思われた後半40分、バルセロナは2列目から上がってきた交代出場のパウリーニョがメッシのパスで抜け出し、ディフェンスを振り切って決めた。2ー1

 

柴崎の一撃にもろともせず、疲労もある中で交代出場の選手の活躍で逆転したバルセロナはさすが。

 

 

 

 

 

 

 

 

バルセロナの戦術 リーガエスパニョーラ第3節バルセロナーエスパニョール

カンプノウでのダービーマッチ

スタメン 

f:id:rio20120106:20170916043516j:image

こういう発表だったのですが、攻撃時にはデウロヘルが右サイドに張り、左サイドはアルバがかなり高い位置を取る。

f:id:rio20120106:20170916050342j:image

サイドから仕掛けられるデウロヘルを生かしつつ。左サイドは自由にイニエスタやアルバが使う。

 

先制点はバルセロナ。そのデウロヘルが右サイドで仕掛けて、ラキティッチに戻す。ラキティッチからメッシへスルーパスが通り、メッシが決めた。オフサイド気味だったがゴール前でかわして決める技術はさすが。

追加点もメッシ。アルバのクロスにニアで飛び込んで合わせた。

前半で2-0になり、余裕が出てきたバルセロナ

前半終了間際、メッシのクロスにスアレス

f:id:rio20120106:20170916052904j:image

右サイドでデウロヘルとセメドで仕掛けて、メッシに戻した時に、スアレスはワンタッチで決めらる位置に敵に見つからないように走りこむ。右サイドで仕掛けを見せておいて、左で仕上げる。

 

 キーパーのテアシュテーゲンがボールを持ち、空いた選手に蹴り込むようなシーンがよく見られる。キーパーがボールを持つと、ディフェンスラインで余らせる場合、必ず1枚が余る。もし余らせなければ一気にスアレスやデウロヘルの裏を狙うこともできる。

f:id:rio20120106:20170916061246j:image

ブスケッツが少し動いてそこに出し、低い位置からつなぐ。ブスケッツは取られないから大丈夫。

 

結局試合はメッシのハットトリックに、ピケとスアレスの1ゴールずつで5-0

最後のスアレスのゴールは新加入デンベレのアシストだった。