毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

ロングボールでの攻撃

ヘルターマインツを見ている。

武藤、原口はともに先発。

その試合で前半3分に出たマインツのロングボールでの攻撃から考える。

ディフェンスラインからロングボール一本で攻めざるを得ないときもあるだろう。

精度の高いキックを持っている選手がいるとしよう。

例えば、2トップだとして、右サイドのフォワードがペナルティーエリアの左角めがけて斜めに裏に走る。

そこに、左サイドのフォワードがサポートする。ボール次第で競るフォワードの横を抜けるくらいでいいし、こぼれをある程度予測して走ることもできる。

次に、もう一枚左のサイドハーフか、トップ下の選手がいればトップ下でもよいが、少しタイミングを遅らせてこぼれ球を狙う。

ロングボールに対して競る人以外に2人が絡むと確率が上がる。

そして競る人が斜めに走ることで、ディフェンスはマークにつきにくくなる。

競る人が強いならば確率は上がるし、キックの精度が高ければ確率は上がる。

競る人が斜めに走ることで、ディフェンスラインは乱れて狙えるスペースは増える。

コンパニー吉田

サウサンプトンマンチェスターシティー

コンパニと吉田のコーナーキックでの競り合い。コンパニが競り勝ちヘッドを決めた。

コンパニは怪我がちだが、世界最高クラスのセンターバックだ。

 

コンパニがいかに吉田に競り勝ったか分析。

 

最初のポジションは吉田有利。ボールが出た時先に触れる位置にいるのは吉田。手を出してコンパニをおさえようとする。これを利用するコンパニ。手をつかんで肩の上に腕を乗せる。

 

これにより吉田は倒れないけど飛べない状態を作られる。そこにボールが来る。コンパニのヘッドは高くないが、吉田の動きさえ封じれば、あとは決めるだけ。

 

まさにサッカーは相手よりも上回れば良いというスポーツ。 別に対峙する相手に完勝する必要はない。この場合、ボールが出た時点で、ボールに先に触るということに賭けたコンパニが吉田を上回った。

 

手をつかむというのはここではあえて技術ということにする。日本の指導者は嫌いそうな技術だ。しかし、ファウルを取られなければ、それは認められるプレーでもあり、当然素晴らしいゴールとして賞賛される。そして、そういう免疫を小さいうちからつけておかなければいけないということ。手をつかむプレーを注意すれば子供はやらなくなるだろう。でも、世界のトップはうまくやる。子供にやらせない のではなくて 、ファウルにならないやり方を教えていくことも大切。

裏のスペースの作り方

Jリーグ第7節
東京−浦和
先制点のシーン
カウンターでラファエルシルバが中央やや左よりで持つ。
興梠は、中央やや左のスペースを最後に使うため、あえて少し右に走る。
丸山がつく。
森重はラファエルシルバとの間合いをゆっくり詰めようとしている。
このタイミングで、興梠が左サイドの裏へスピードアップして走りこむ。
そこへラファエルシルバからスルーパスが出る。
興梠はワンタッチでゴールに流し込んだ。

このゴールのポイントは興梠の走り方。
右サイドよりにマックスではないスピードで走ることで、最後に左サイドの裏をトップスピードで狙った時に、一瞬マークを外せる。
ワンタッチするだけの時間があればいい。

逆にディフェンスはそこさえ使わせなければいいとも言える。


ゴールエリア内での裏の取り方

ナボリ−ユベントス
1−1で迎えた後半44分のシーン

ナポリはインシーニエが左サイドの深い位置から一旦ジェリンスキーに戻す。ケディラがぴったり付いている。
ここで中央のジェリンスキーのプレーに注目。
縦に右のインサイドでマタギを入れて、アウトサイドで切り返す、真面目なケディラは少し縦に振られる。
ここでペナルティーエリア内の右サイドにいたカジェホンは、ジェリンスキーがルックアップするタイミングでゴールエリアの右サイド一番深いところめがけて急進。
カジェホンの動きのポイントは、マークするアサモアの視野から消えるために、少し後ろに下がりながら、ジェリンスキーのルックアップのタイミングでゴールエリア内の右サイド一番深いところに急激にスプリントすること。
あくまでヘッドで折り返しするためのボールでないと通りにくいので中で誰かもう1枚詰めないといけない。
今回はのメルテンスに合えば1点というシーンだったが、さすがにキエリーニとボヌッチがスペースを与えず、メルテンスには合わなかった。メルテンスはゴールエリアの左サイドのスペースを狙うのが、ディフェンスの視野からは外れやすいか。

今回は、ゴールエリア内の裏の取り方について考えてみた。
出し手と受け手が、このスペースを狙うという意思疎通が合致することが第一条件で、出し手の前振りの間も受け手はそのスペースに出てくることを信じることが大切。
そうすれば3人目の動きではなくてもこの裏のスペーススペースを取ることが可能。
あとは中で仕上げる選手との呼吸さえ合えば、危険な攻撃パターンとして成立する。

2017 J1 第6節

川崎ー甲府

甲府は奪ってから手数をかけず裏のウイルソンへ縦パスを狙う。

後半ロスタイムに途中出場のドゥドゥが

右サイドで受けて反転、この反転の仕方が実にうまかった。相手を背負って、ファーストタッチでボールをずらし、相手が足を出してきたところを、サポートに挟みに来たもう一枚のディフェンスとの間を抜けた。そのまま逆サイドへグラウンダーのアーリークロスが通り、途中出場の河本が決めた。

1枚残っていた川崎の奈良はアーリークロスの際に、オフサイドを狙って一瞬下がる動きを止めたが、ギリギリのタイミングでオフサイドにならなかった。アーリークロスにディフェンスラインを止めるのは、スルーパスよりも難しい。アーリークロスの対応は、相手がファーにいると相手とボールを同時に見にくい。

その奈良は直後のコーナーで直接頭で決めた。ニアの方向に5枚が飛び込む中でニアからファーへボールの行方を見ながら下り、ボール落下点でフリーになった。下がりながらコースを狙うヘッドで決めた。身体能力が高い奈良は、駆け引きで相手を上回るようになれば、日本代表に入ってくる。

1ー1

 

セレッソ大阪ー鹿島

鹿島ではセンターバックでレギュラーになりきれなかった山村がトップ下に入っている。かつてロンドンオリンピック代表ではボランチ。どこでもできる万能選手だ。

後半、セレッソのカウンター。杉本が右サイドで相手を背負いながら受けてソウザへ戻しそのまま下がってくる。この動きでディフェンスを連れてくることで右サイドに大きなスペースが空く。ここに関口が走り込み、右サイドを突破。中では植田と山村が1ー1。山村はファーへ走り植田の視界から消える。関口が顔を上げるタイミングでニアへ急進。キーパーの前で頭で合わせた。植田は完全に相手を見失った。視界に入らないところから走り込まれるとマークにつくのは難しい。フォワードは、自分が使いたいスペースでフリーになるために、ディフェンスの視界から消えることを意識すべきだ。

カシマスタジアムで鹿島の相手チームのメンバーで山村は見事に結果を出した。

1ー0セレッソ大阪勝利

 

ガンバ大阪ー広島。

広島の攻撃、中盤の中央で受けた柴崎は右アウトのダイレクトでロペスへ、このタイミングで工藤は左サイドから斜めにディフェンスラインの裏を狙う。ディフェンスラインが少し下がる。ロペスはダイレクトでフェリペへ、ダイレクト2回のタイミングで裏抜けも入ったことでディフェンスラインと中盤の間にスペースが空く。そこで受けたフェリペのミドルシュートはバーに当たるも、こぼれ球に、裏に抜けていた工藤が動き直していちはやく反応。頭で押し込んだ。

1ー0広島勝利。

 

浦和ー仙台

前半、関根の右サイドからのクロスにファー興梠が決めた。ディフェンスの後ろに隠れて視界からディフェンスの視界から消え、クロスのタイミングで走り込んで高い打点で決めた。

前半で4ー0とした浦和。後半に柏木が中央で持つ。興梠と李が裏を狙う。興梠が左サイドの裏を狙うことで、ディフェンスが一枚下がり、ディフェンスラインにギャップができる。これを利用して李がラインギリギリで柏木からスルーパスを受けて決めた。柏木も、興梠の方を見ながら李に出す技術を見せた。李が落ち着いて決めて5ー0

7ー0浦和勝利

 

大宮ー神戸

大宮のバックパスをカットした渡辺、左サイドからのグラウンダーのクロスに、赤坂が決めた。特に緩急もつけずに得意の左足に速いボールをくださいという走り込みに要求どおりのボールが入り、ディフェンスが足を出すことを予測して股抜きでシュートをファーサイドに決めた。恐るべき19歳の2試合連続ゴール。

さらに神戸はロングスローからこぼれ球を岩波が決めた。ニアサイドで混戦になる中、1人だけファーサイドでボールを待つ。こぼれてきたら決めようという待ち方。そこへこぼれたボールを豪快に決めた。点を決める時は、他はあきらめるけどここにきたら決めるという意識を持つことで、すべてを守る意識を持たないといけないディフェンスよりも優位に立てる。

2ー0神戸勝利

 

横浜ー磐田

注目の中村古巣対決。

斎藤が左サイドで受ける。磐田は2枚で対応。縦と見せかけ中へドリブル。マルティノスはディフェンスラの背後から中へ入ってきてディフェンスの前で頭で合わせた。ディフェンスの死角から走りこむゴール。1ー0

一方磐田は中村のコーナー、、ニアへのボールが溢れて、ファーへマイナス気味に転がる。ゴールエリアへ飛び込む選手が5枚いる中で、大井だけはファーで後ろへ下がる動き。そこへボールが溢れてフリーで左足で決めた。他の全員がゴールエリアへ飛び込む中で、1人だけ走り込みであくスペースで狙っていた。1ー1

後半、クリアボールを拾った横浜、中央で受ける斎藤。金井はディフェンスライン の背後から ディフェンスラインに並ぶ。その瞬間にスルーパス。ディフェンスから逃げながら見事に足元におさめて蹴り込んだ。ディフェンスの死角からディフェンスラインに並ぶ動きをし、オフサイドギリギリでスルーパスを受けた金井のプレー。クリアに対してボールプレッシャーとディフェンスラインの押し上げが必要な理由は 、残っていた攻撃の選手がディフェンスの死角からディフェンスラインに入ってくるから。

2ー1

 

鳥栖ー新潟

鳥栖は原川がビクトルリバルドとのワンツーで抜け出す。切り返したボールが

にビクトルリバルドが走りこむ。シュートフェイントから ボールを流して突破しようとしたところをディフェンスが足を出すタイミングで引っかかって転んだ。PKのもらい方は見事。エリア内で遅れて飛び込んでくる相手には、切り返してかわす。または切り返して引っかかるというのも日本人が学ばなければならないところだ。豊田がPKを決めて1ー0

さらに2点を決めて3ー0で鳥栖の勝利。

 

柏ー清水

清水は村田の右サイドからのカットイン。中央でチョンテセ、ファーで北川がディフェンスから離れる動きでフリーになる。村田のクロスはディフェンス に当たるも、こぼれがチョンテセの前に。アウトサイドで触るだけのゴール。こぼれに触ってコースだけを狙えるチョンテセの落ち着くは見事だった。カットインの瞬間 いディフェンスはボールウオッチャーになりやすい。そのタイミングでディフェンスから離れればフリーになれる。

 

札幌ー東京

大久保が右サイドに下がってきてクロス。ニアですらして中で東がフリーで決めた。大久保がワントップの位置から下がることで、ディフェンスはマークにつきずらい。アーセナルのサンチェスのような動きをする大久保。

一方の札幌。コーナーキックのキッカーは福森。左足のキックのスピードは速く精度は高い。ボール軌道下に6枚。その軌道は、ゴールエリアをわずかに出るぐらい。この位置がキーパーが出てもさわれない位置。もちろんボールが遅いと触れるが、福森のキックではさわれない位置。そこへ6枚がはいり、どこかで合えば1点が入る。しかも一枚は ファーからニアへ入ってくるなどポジションを入れ替えてマークをつきにくくしている。今回はジュニーニョが合わせて1ー1。キーパーが出てきたがさわれなかった。

後半、札幌はジュニーニョのミドルが丸山の顔面に、そのこぼれが兵藤へ、都倉は丸山の起き上がりが遅れているのを見て、丸山のラインまで下がって受けて決めた。2ー1

 

第6節を終えての勝ち点

神戸15 浦和13 鹿島12 ガンバ大阪11 川崎11 セレッソ11 東京10 横浜10 清水9 仙台9 鳥栖8 甲府8 磐田7 札幌7 柏6 広島4 新潟2 大宮0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドルトムント電光石火のカウンター

ブンデスリーガの好カード

ドルトムントライプチヒ

 

後半5分

1ー0ドルトムントリード

ライプチヒのコーナキック

 

混戦からこぼれに反応したピシチェク

f:id:rio20120106:20170330233850j:image

右に流れるオバメヤンへパスが出る。これが素早く繋がらないと意味がない。そして、もう1つのポイントは動き出し。オバメヤンはボールを受けられ右サイドの前線へ、ロイスはピシチェクがとった瞬間から前線へダッシュ。

f:id:rio20120106:20170330234005j:image

ロイスが逆サイドを走ることで2ー1を作る。

リードされているライプチヒがコーナーで人数をかけたところを、逆に相手陣内で数的優位のカウンター。

f:id:rio20120106:20170330234616j:image

ロイスへパスが入り、かわしてシュート。枠を外れたが、カウンターのスピードは見事。 相手コーナーキックからオバメヤンが前線の右サイドで受けられれば、カウンターが発動する。

ワールドカップ最終予選 日本ータイ

日本スタメン

f:id:rio20120106:20170329041937j:image

 

グラウンドに水がまかれている。

 

日本のキックオフ、戻して森重から右サイドへロングボール。4枚が右サイドへ走っている。キックオフのプランが明確な日本。

 

前半7分、森重から右サイドの裏へ、久保が受ける。ドリブルで中へ進み、ニアへ入る岡崎を見ながらファーのマイナスの位置で受ける香川、コースを見て落ち着いて決めた。ディフェンスが切ってきているコースの間を通すとキーパーは動けない。少し前がかりになるタイに対して、サイドの裏が空くところで、ディフェンスラインからの長いボールは有効。

 

前半14分、吉田から左サイ原口へ長いボール。原口がせってこぼれを香川から原口へ、ドリブルはカットされる。長いサイドへのボールはまだまだ有効。

 

前半17分、長友、山口、酒井高とつなぎ、ロングボールに右サイドへ来ている原口が受ける。原口が後ろへドリブルし、エリア内の香川へ、そのボールに鋭く縦に反応する山口。エリア内で小さく

2ー1を作る。香川のヒールでの落としに山口の左足は惜しくもキーパーに防がれる。サイドチェンジでサイドの深い位置の裏を狙い、3人目の動きで崩せる。

 

前半18分、コーナーのこぼれをディフェンスラインに戻し、長友から前線に残る森重へ、せったこぼれが右サイドの久保へ、久保のクロスにニアで岡崎。見事に決めた。スペースに飛び込むところにピンポイントクロスが出れば、得点確率は高くなる。そして岡崎はニアでのシュートがうまい。

 

前半26分、森重からのロングボールに岡崎が後ろからのボールに見事なトラップ。中へ切り込んでシュートはディフェンスに当たる。

 

前半28分、吉田から右サイドの裏へ抜ける久保へ、久野はダイレクトでゴロのパスをエリア内に流し込む。レスターのマレズが得意なロングボールダイレクト。原口が受けてマイナスへラストパス。香川が走り込んでシュートもミートせず。

 

前半37分、香川が中盤に下がって山口とのパス交換、香川が下がるとボールが落ち着くのでタイはあまり強く寄せてこない。そこへ右サイドの久保へ出たところで酒井宏樹が中から裏へ走る。スルーパスにエリア内でトラップするもシュートならず。サイドバックが攻撃参加するには、ボールを回して時間を作ることも重要。

 

前半45分、タイはコーナーをニアですらしキーパーの至近距離からシュート。川島が足に当てる。最初にニアでさわられたところ、こぼれを中のいい位置で打たれたところ、修正できるポイントだ。

 

前半終了

 

後半開始。

後半5分、コーナーのこぼれをミドルシュート。川島がセーブ。クリアが中途半端だったり、少し反応が遅れたりするとシュートを打たれる。

 

後半11分、スローインで右サイドから中へ入って来て受ける久保。香川がすかさず裏を狙いディフェンス一枚を引きつける。原口はファーへ逃げてもう一枚を引きつける。久保はエリア手前で完全にフリーになる。左足のミドルシュートが決まる。3ー0

ボールを受けるときは相手の死角に入り、中でフリーになった。

 

後半17分、タイは右サイドにサイドチェンジ、長友が対応、追い越す選手に酒井高徳がついてくる。この追い越しにボランチが対応できれば、そうはやられない。

 

後半20分、原口→本田。本田はそのまま左サイドに入っている。

後半23分、中央で作り左サイドを抜け出した本田がそのままシュート、キーパーセーブ。

 

後半28分、香川→清武。

これも同じポジション同士の交代か。

 

後半34分、本田のクロスのこぼれに久保、シュートはディフェンスに当たる。

 

後半37分、久保のクロスにファーに逃げる本田がヘッドもディフェンスに当たる。

 

後半38分、清武のコーナーキックから吉田。キーパーの前で高い打点で決めた。4ー0

 

後半40分、エリア内でタイの選手を倒してしまいPKを取られる。川島が見事に読み切ってセーブ。

 

後半45分、本田が右サイドで受けてダイレクトで裏へ走る岡崎へ浮き玉のパス。見事に通る。

 

結果が全ての最終予選。けが人も多い中で熾烈なレギュラー争いが続く。そんな中で、所属チームで活躍できていない選手にも、出場機会を与えている。こういったマネージメントが最後の重要な局面で、そして本大会で生きてくるかもしれない。