磐田ー浦和

磐田先発
f:id:rio20120106:20161030042959p:image
浦和先発
f:id:rio20120106:20161030043027p:image
磐田は引き分け以上で残留が決まるかも。浦和は引き分け以上でセカンドステージ優勝が決まる。

このフォーメーションでは、磐田の4枚のディフェンスが興梠、高木、武藤を見ると、サイドの駒井、関根は太田、アダイウトンが見ないといけない。ボランチがカバーに行くと中央の阿部や柏木が上がってくる。こうして磐田の守備ラインが下がっていくと、槙野や森脇も高い位置を取るだろう。
磐田は高い位置を保てるか。

浦和の攻撃面の連動性は、川崎と並んでJリーグトップだ。
サイドで起点を作り、戻したところで再度裏を狙う。興梠、高木、武藤は常に裏をを狙ったり、裏を狙うためのスペースを空けたりし続けている。

先制ゴールは後半26分
浦和右サイドの駒井に対して上田がつく。森下ではなく、上田がマークと見ると駒井はすかさず縦に仕掛ける。完全に抜ききってクロス。少し入りすぎた武藤は後ろめのボールに対して下がってヘディングで決めた。結果的にそうなったかもしれないが、スペースは自分の前だけではないということだろう。

磐田は交代選手の斎藤が前線で奪う守備ができていた。そして森島はサイズがあって上手くスピードもある。90分走れる体力があれば代表クラスの選手だろう。
そして、レッズの駒井も代表で見たい選手だ。