読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清水ー京都

清水スタメン
f:id:rio20120106:20161104053859p:image
京都スタメン
f:id:rio20120106:20161104053911p:image
昇格争いをする両チームの対戦

23分の京都のプレス
角田から犬飼へ出たところを堀米がトップスピードで寄せる。
角田に戻したところをエスクデロが左から寄せ、前に持ち出したところをイが寄せて2枚で角田へ寄せる。左の松原へショートパス。ダニエルがトップスピードで寄せる。慌てて竹内に出したところをアンドレイが狙う。パスがずれて見事にボールを奪う。センターバックからサイドバックへ追い込み、ボランチのところでカットする。前向きで奪えればビッグチャンス。
ポイントは奪う前のプレスだけは緩急をつけてトップスピードで寄せる。慌てて近いところに出したところを狙う。慌てる選手にしかける。これだけ前から寄せれば、裏にスペースが空くが、そこを狙わせないくらい素早く寄せるのがポイント。

エスクデロの2人できたディフェンスの間を抜けるドリブル。
2人横並びのディフェンスはどちらかに振って間を狙うと抜けやすい。
なぜなら、お互いにもう1人が行ってくれると思うから、力を抜いてしまうからだ。
1枚が当たり、もう1枚は後ろでカバーをするほうがいいだろう。

コーナーキックから角田が先制ヘッド
ボールを待ち構えたディフェンスに対して、走り込んで前で合わせた。
コーナーでは走りこむ位置を数センチの単位で決めておけば、キックがよければ最高点で合わせることができるだろう。

清水の守り方。マークをしている相手がパスを出して走り込んだ時、走りこむ相手にそのままついていくと振り切られることが多い。そこで、パスを出された後に受け手をマークしている選手が出し手につき、出し手をマークしていた選手が受け手につく。この受け渡しで、一番怖い裏を取られる可能性が下がる。

清水2点目は左サイドからのアーリークロスにチョンテセの右足。
相手センターバックサイドバックの間で完全にフリーになった。
ボールとの距離がありディフェンスが視野を確保しにくいところに速い正確なクロスが入った。
速い正確なクロスを30メートル〜40メートルの距離でピンポイントで出す練習を繰り返そう。

後半ロスタイムに失点するも、清水が4ー1で勝利。
京都も持ち味を出し内容的には悪くなかった。前半にあった苦しい時間を耐えて前半ロスタイムにセットプレーで得点し、後半の自分たちの時間帯で2点目を奪い、相手の集中力を切れさせた。
ハイライトシーンだけ見れば清水圧勝だろうが、苦しい時間を耐えたディフェンスがあってこその勝利だった。来季はJ1でみたい。