読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンUーアーセナル

マンUスタメン
f:id:rio20120106:20161121223712p:image
アーセナルスタメン
f:id:rio20120106:20161121223746p:image
マンUは前線でボールを失った時に、そのまま高い位置からのプレスをかけ、ショートカウンターから2次攻撃を狙う。
一方のアーセナルもサンチェスとエジルを中心に速攻も遅攻も可能だ。

マンUはオーバーラップから前残りのバレンシアに縦パスが入る。また抜きからエリア内に侵入し倒されるもPKなし
続いて縦パスをバイタルで受けたマタが一人かわしてシュートもチェフが好セーブ。
いずれもサイドに開かせておいて速く中を使ってチャンスを作る。

サイドで果敢にドリブル。取られるのもアリ、そこからショートカウンターを狙う。アーセナルのように簡単に蹴らないチームには有効。

ボランチのエレーラは技術が派手さはないがしっかりしておりサイドの裏のスペースにまで飛び出せる心臓が3つくらいある選手だ。モーリーニョもこの選手とポグバは外さない。
先制点は後半25分。そのエレーラがサイドの裏に抜けてマイナスのクロス。マタが流し込んだ。運動量と繰り返す力が試合を支配した瞬間だった。

勢い的にもマンUのゲームかと思わせたが、さすがアーセナル。切り札ジルーのヘッド。クロスを上げたのも途中出場のチェンバレン。相手の状況と自分の持ち駒から、劣勢の中、極地的に優勢なところを作ってワンチャンスで決めきった。ベンゲルさすが。

結局1ー1のドロー。マンUはこのサッカーをやり続けることができれば、上位進出も可能だろう。