ブンデスリーガ第16節 ライプチヒーバイエルン

ライプチヒスタメン
f:id:rio20120106:20161228214337j:image
バイエルンスタメン
f:id:rio20120106:20161228214344j:image

ともに11勝3分1敗で勝ち点で並ぶ首位攻防戦。
スター軍団バイエルンに通用するか、ライプチヒの革新的なサッカー。
深く分析したい一戦。

前半1分、バイエルン右サイドロッペンのドリブルにハルステンベルクが体を入れる。ロッペンのようなスピードのある選手には、スピードに乗る前に仕掛けるのはひとつ作戦。ただし、カバーがいること、仕掛けてもファウルにならないように、ロッペンに背中を向けるような体勢で仕掛けること。

前半2分、ライプチヒゴールキック時にフィールドプレイヤー全員がコートの左サイド半分に入っている。ヘルタ戦でも見られたライプチヒの戦術。

前半3分のライプチヒ、右サイドバックのベルナルドからフォワードのベルナーがたてに開いて受け、ダイレクトで中のザビッツァーへ、さらに中のフォルズベリへのパスはビダルがカットするも裏へこぼれて、ベルナーへのスルーパスになる。ベルナークロスにポウルセンはわずかに届かず。それにしてもポウルセンファーサイドで受けると見せかけラームの前にスプリント、触れば1点の惜しいシーンだった。

4分のバイエルン、右寄りの中盤でボールを受けるシャビ・アロンソ、左へサイドチェンジかと見せかけ、キックモーションからインサイドでバイタルエリアのアルカンタラへ、一瞬遅れるライプチヒのディフェンス。この工夫が少しの時間を作る。

前半5分、ライプチヒボランチ、ケイタが縦パスをカットしてそのままドリブル、ビダルのタックルをかわしてスルーパスポウルセンに合わず。しかし、ケイタはボールを奪う力があり、ドリブルもパスも精度が高く、運動量もある選手。今日もライプチヒのサッカーを体現するか。

前半6分、シャビ・アロンソの左サイドへのサイチェンジ、コスタに通り一気にチャンスを作る。50メートルを速いボールで蹴れるシャビ・アロンソは、狭いスペースに追い込んでボールを奪うライプチヒの天敵か。

前半12分、右サイドで受けたロッペンがドリブル、ライプチヒは左サイドバックのハルステンベルクが対応、ボランチデンメがカバー。さらに縦に行くと見せかけると、ライプチヒセンターバックのオルバンもカバー。そこでバイエルンは中にレバンドフスキとアルカンタラとコスタが入り、ファーサイドでコスタがフリーになる。ロッペンのドリブルに対してカバーさせて、ゴール前でフリーを作る。

前半12分、フォルズベリがバイタルエリアでドリブル、後ろからビダルビダルの進行方向に体を入れるフォルズベリ、しかし後ろから胸で体を当て、足を伸ばしてボールを奪い取るビダル。普通は体を入れられたら取れないボール。しかし、自分の体をぶつけてポジションに入り、正確にボールに足を伸ばすビダル。体のある選手が覚えたいファウルにならない奪い方。

前半13分、バイエルンセンターバックのフメルスがボールを受ける。チアゴがフリーでバイタルエリアに入る。それを見て、チアゴの方向を見ずに横を向いたままパスをチアゴへ通すフメルス。パスの精度が高い上に、工夫して通している。

前半14分のバイエルン、ラームが持つ。右サイドに開いていたレバンドフスキが中へ。ラームのくさびにレバンドフスキがフリック、レバンドフスキがあけたスペースにロッペンが抜け出す。サイドのスペースをロッペンに使わせるためのレバンドフスキのうまい動きとポストプレー

前半16分、右サイドでボールの奪い合い。ライプチヒは人数をかけて奪い取るのが得意だが、バイエルンもそれに負けない運動量と激しさでボールを奪い返す。ライプチヒの得意なプレーを出させない。そのボールをシャビ・アロンソ、→ラーム→ロッペンとサイドチェンジ、懸命のスライドもロッペンドリブルからハルステンベルクをかわしてカバーが遅れたところをラームへスルーパス。ラームはフリーでクロス、ニアでレバンドフスキのシュートはポスト、こぼれにアルカンタラが詰めて1ー0。
ライプチヒの特徴を利用して自分たちの得意な形で点を奪ったバイエルン

前半17分、ロッペンが右サイドで受けると4枚が構えるライプチヒ。縦に行くと見せかけ左アウトで切り返すタイミングで中央でもらう動きのレバンドフスキバイタルエリアで受けて、反転して、フリーの右サイドコスタへ、シュートはポスト。横の揺さぶりに弱いライプチヒ。ロッペンを使って引きつけてから揺さぶるバイエルンの攻撃が見事にはまっている。

前半19分のライプチヒの攻撃は、バイエルンのたてを切るディフェンスの前に効果的にならない。早い攻撃は縦パスが通せないと苦しい。それがわかっているバイエルンのパスの出所をおさえる守備。

前半19分のライプチヒ、フィフティのボールにポウルセンポストプレーからザビッツアーが中央で受けてドリブル。ベルナーが裏へ抜ける動きをすることで、バイエルンのディフェンスラインが中央へ寄る。そこへ第二弾の受けてとしてフォルズベリが右サイドの裏へ、少しボールが流れたが、マイナスのクロスをザビッツアーがつないで、デンメのシュートはノイアーセーブ。時間差の裏抜けでチャンスを作るライプチヒ

前半24分、ライプチヒセンターバックオルバンが持つ。レバンドフスキは4メートルくらい離れているが追わない。ボランチのケイタに出ると、ビダルがスプリントして一気に寄せる。ケイタは慌ててパスミスレバンドフスキが拾い、引きつけて右から上がってくるアルカンタラへ、 またぎを入れてさらに右から上がるシャビ・アロンソへスルーパスシャビ・アロンソのシュートが決まる。2ー0
それにしてもバイエルンの見事なはめ方。オルバンが持った時にレバンドフスキは追わず、次のケイタに入ったときにパスが少しでもずれれば狙える位置にいる。ケイタにビダルが寄せたことで、レバンドフスキパスミスをカットしたが、レバンドフスキがオルバンのボールに寄せていたらパスコースがあいて、ケイタは処理しやすかった。追わずにパスコースを狭めて奪う前線からの守備。VTRを見ると、確かにレバンドフスキはケイタの方向を向いて待ち構え、パスカットだけを狙っている。シャビ・アロンソが前線に来ていたのは、ケイタがビダルをかわして反転したときにサポートするためで、キープレーヤーのケイタは完全に狙われていた。21歳のギニア代表ケイタのメンタルはどうか。

前半27分のバイエルンシャビ・アロンソがディフェンスラインの下がってもらう。サイドチェンジの振りかぶり、ザビッツアーはアラバに寄せる。そこで開いたコースにレーザービームを通す。絞って裏に走りこむコスタに通る。シャビ・アロンソのキックは精度と工夫がワールドクラスだ。衰えを指摘されることもある35歳だが、キックによってこのレベルのチームに居続けている。

前半28分、ライプチヒコーナーキックからニアに飛び込むオルバンのヘッドはノイアーセーブ。ゾーンで守るバイエルンに対し、一番ニアに近いビダルがニアを埋める予定だったと思われる。しかし、ポウルセンがブロック。ニアのスペースを確保した。

前半29分、カウンターから持ち上がるラームにフォルズベリが後ろからタックル。足に入り一発退場。我慢できなかったか。

前半41分、バイエルンはカウンターからロッペン→レバンドフスキとつなぎ、ロッペンが走り込み、ライプチヒセンターバック、イルサンカーと2ー1を作る。レバンドフスキはロッペンが走り込んでいるのを見て、そのままリターン。それを見越してイルサンカーはレバンドフスキにパスが出た瞬間に距離を取る。イルサンカーが近くにいると思っていたレバンドフスキはスペースにパスを出すもイルサンカーがカット。フォワードに近くにいると思わせてパスを選択させて奪ううまいディフェンス。
バレないように離れるところがポイント。

前半43分、フメルスの裏へのフィードにコスタが抜け出す。バウンドボールにキーパーと1ー1。ここで、コスタはキーパーが出てきているのを見て、エリア内で先に触ることを考えたか。多分もう少し早く触れたコスタ。しかしギリギリまでキーパーを引きつけエリア内でファウルをもらうビッグプレー。レバンドフスキが決めて3ー0。

後半へ、

後半5分、バイエルンは右サイドのラームが受けると、コスタはバイタルエリアへ、ボランチセンターバックの間の誰がつくのというポジションで受ける。左足で左へ持ち出すと、オルバンが引き出される。そのスペースへレバンドフスキがラインと駆け引きしながら入り、コスタは左足でスルーパスを通す。バイタルエリアで左に持ち出した左利きの選手は選択肢が多い。

後半21分のバイエルン、ラームが中央やや右よりの位置で持つと、アルカンタラが左からよってくる。そこへパスを出すラーム。アルカンタラはダイレクトでレバンドフスキへくさび。反転してシュートもパスもある状態から左の交代出場のリベリーとワンツー。シュートはキーパーに当たる。アルカンタラはコースを作るために、寄ってボールを受け、ダイレクトでくさびを入れた。

試合終了、3ー0