読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇杯準々決勝 湘南ー大宮

湘南スタメン
f:id:rio20120106:20161229100441j:image
大宮スタメン
f:id:rio20120106:20161229100457j:image

大宮は今季年間5位、湘南は17位でJ2降格

前半9分、湘南は山田が引いた裏のスペースへ大槻が走る。三竿の低い位置からの裏へのボールが通る。そこで起点を作り、サポートを増やしてシュートまで行く狙いがある。運動量が必要だが、魅力的な攻撃サッカーを狙う湘南。

前半10分、大宮は右サイドの奥井が持つと、中から横を追い越すマテウス。引っ張られる湘南の三竿。そしてできたパスコースに顔を出すムルジャ。奥井→ムルジャマテウスとダイレクトでつながり、抜け出すマテウスファーストタッチでやや左に流れて高山が間に合う。マテウスの長い距離を走るプレーが効果的な攻撃を生む。

前半11分、大宮はマテウスが右サイドでドリブル。3人が寄せるも取りきれずサイドチェンジ。大宮の狙いは湘南のボールに人数をかける守りの逆手を取ることか。

前半17分、大宮は菊地から右サイドにはる奥井へ。奥井はパスが出る前に中へ動き出し、ボールを受けた後のパスコースを作り、ポストに入るムルジャへ。すぐさま前線へ走る奥井、右サイドを警戒させる。しかし、ムルジャはキープして中央にいるマテウスへ、マテウスは左利きだから後ろ向きで左足で持つ。左サイドの泉澤はマテウスの体勢を見て横で受けると見せかけエリア内の裏へ。見事な左足のスルーパスが通る。泉澤のシュートはポスト。逆サイドのディフェンスの数を減らしておいて少ないパスで決定機を作るプレー。

前半19分の大宮、菊地がディフェンスラインで持つ。相手ディフェンスライン付近で左サイドの泉澤が中へ絞って、湘南の右サイド奈良輪を引きつける。大宮は空いたスペースに左サイドバックの大屋が走りこむ。菊地から40メートルのロングフィードがピンポイントで通る。湘南は藤田が戻るも、大家は中へドリブルを仕掛けチャンスを作る。大宮の狙いはサイドでの数的優位を使うこと。

前半23分、湘南の三竿が低い位置でボールを持つ。江坂がアタックし、三竿がいなしたところを横谷がアタックして奪う。時間差で2枚きたので三竿は2枚目の横谷が見えなかったか。奪ったボールを江坂ドリブル。左を回る横谷へスルーパス。横谷のシュートはキーパーセーブ。湘南は取られてはいけない位置で取られてしまった。

前半31分、大宮は湘南のカウンターを3枚で潰し、奥井がそのまま持ち上がる。左サイドのスペースへスルーパス。泉澤が受けてエリア内に侵入。右足アウトで切り返して右足で決めた。1ー0
カウンターのカウンターだったが、奥井から泉澤へサイドのプレーヤーが得点ん絡んだ。大宮は狙い通りか。

前半33分、右サイドセンターライン付近から大宮のフリーキック。ファーに6人、ディフェンスも当然6人。突然マテウスがニアへ走り出し、グラウンダーの速いボールを外から内へ巻いてニアへ。マテウスはキーパーと1ー1になるがキーパーセーブ。気落ちした湘南に対し、先制点後の見事な大宮のセットプレー。

前半終了1ー0

後半5分、湘南奈良輪が2枚目のイエローで退場。

後半24分、クリアボールを拾った湘南の菊地はドリブルして交代で入った長谷川へ、長谷川は前を向いて山田へ、山田からそのまま上がる菊地へ、菊地が抜け出してきめた。1ー1。
数的不利な状況でも、ドリブルをうまく使って局地的に数的優位を作ることができる。この場合は、中央に選手を集めた。長谷川と山田のうまさと菊地の長い距離を走るプレーが生んだ得点。

後半25分の湘南、右サイドで山田のヒールから抜け出し持ち上がり、落として山田からファーサイドへのクロス。詰めたのは高山。惜しくも決まらず、しかし勢いが運動量を増やすことを可能にする。

後半31分、大宮はマテウス→家長、まずはボールをキープして落ち着かせる。相手に傾いた流れを取り戻すには落ち着いてボール保持するところからか。

後半終了  1ー1
湘南は10人でよく追いついた。

延長は前後半15分ずつ。
延長前半2分、湘南は中央からのフリーキック。藤田祥一枚。ボールはキーパーとディフェンスラインの間へ、藤田がサイドから飛び込む。キーパーとディフェンスはややかさなったか。藤田がさわってゴール。キーパーとディフェンスラインの間の、キーパーが迷う位置に蹴ることがポイント。そして藤田はほんの少しだけ触る。かみのけだけくらいの
2ー1湘南がついにリードを奪う。

延長前半終了

延長後半5分、大宮は奥井が右サイドを突破し、クロス、ファーサイドで清水が折り返して上がっていた菊地が決める。2ー2

延長後半12分、大宮は右サイドからのクロスにペチュニクがすらし、最後はまたも菊地。3ー2
再び大宮がリード。

延長後半14分、ペチュニクからの低いクロスに大屋が決めて4ー2

試合終了。延長後半まで頑張った湘南、最後に力尽きたが、来年はまた昇格してほしい。