毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

レスターーエバートン

レスター先発
f:id:rio20120106:20161231033827j:image
f:id:rio20120106:20161231033843j:image

岡崎先発、バーディーは欠場、マレズはサブ。
エバートンルカクにも注目。

前半15分、レスターはショートコーナーからオルブライトンはクロスと見せかけ、このタイミングで同サイドのペナルティエリアまで上がってきたチルウェルへ、エリア内深い位置からのクロスはくりあされる。コーナーの時はゴール前に人が集まるから、後ろから同サイドに上がってくると、フリーでエリア内でボールを受ける事が可能。

前半47分、エバートンルカクのエリア付近でのポストプレーからワンツーで上がってきたボランチのゲユ、レノン→ベインズとつなぎ、高速クロスに飛び込むもわずかに合わず。レスターのような高さに強いチームには有効な高速クロス。

前半終了

岡崎→ドリンクウオーター   残念
スリマニのワントップ気味になるのか。

後半5分、エバートンのバックパスにキーパーからのキック。ミララスが抜け出してゴール。ディフェンスラインに並んで中央の1番ゴールに近い位置にいたミララス。そこにいいボールがキーパーから入った。

18分、レスター2人目の交代はキング→マレズ

後半37分、エバートンが中盤でボール回し、中盤で受けた途中出場のバークリーがからルカクへスルーパスルカクは裏へ抜けるスピードも一級品。そこにこの試合はじめて合わせるスルーパスが出た。ルカクのグラウンダーのクロスにゲユが詰めるも決められない。

後半45分、クリアボールにモーガンとの競り合いからルカクが奪う。そのまま持ち込みバシレフスキが戻るも、切っている左へ侵入して流し込んだ。こういう展開ならルカクは力わ発揮しやすいか。レスターは、2枚のセンターバックがクリアボールに対して準備しきれなかったか。

試合終了。
2ー0