フットサルワールドカップ2016


フットサルの技術、戦術から、サッカーに落とし込めるものはないか。
ちょうどワールドカップの総集編がやっていたので、研究してみる。
このような状況から
f:id:rio20120106:20170101043013j:image
赤の2から5にパスが入る。サッカーではボランチなどからフォワードのポストを使うイメージ。
f:id:rio20120106:20170101043114j:image
すると、青は前の2枚の守りが後ろ向きになる。青全員がボールによる。
赤は3に落とす。この時、青の5がボールウオッチャーになる。
f:id:rio20120106:20170101043129j:image
そこで、赤の4が中へスプリントして青の4を連れていくことでスペースを空け、そこに赤の2が走りこむ。
f:id:rio20120106:20170101043152j:image
赤の2が浮き球を受けてシュートを決める。

くさびのボールがフォワードに入ることで、ディフェンスはボールによる。ボールウオッチャーにもなりやすい。フォワードからの落としを受ける選手は、少し距離をとることで落としを受けてからのプレッシャーを回避できる。サイドの赤の4が中央の密集に入っていくのは、スペースを空けて2列目からボランチサイドバックににねらわせるプレーと同じ。また、スルーパスがスペースに浮き球なら、上がってきて合わせることで、ディフェンスにも当たらず、オフサイドも回避できる。

次は右サイドで左利きの選手が持つ。
f:id:rio20120106:20170101044532j:image
サッカーでは、スソやロッペン、遠藤康のような左利きの攻撃選手が右サイドでボールを持つイメージ。この時、残りの選手はこの左利きの選手が中へカットインした時にスペースがなくならないように、ファーや低い位置で待つ。フェイントで縦にディフェンスを誘って中へ左足で持ち出してシュート。
f:id:rio20120106:20170101044913j:image
ドリブルするスペースやシュートコースを消さないことが大切。また、奪われた時のカウンター対策で後ろのカバーを入れておくことも忘れない。

続いてゴール前のフリーキック
f:id:rio20120106:20170101045655j:image
サッカーだと壁は5枚か6枚の位置か、
この時、赤の3はスルーして壁の裏へ走り、そこに2から壁越えの浮き球のパスが出る。他の2選手はカウンターに備えている。スペースを消すようなことはしない。
f:id:rio20120106:20170101050113j:image
フリーキックから直接狙えるキッカーがいても意表をつく作戦としては使えるかも。左右のキッカーを並べても良いか。相手の壁はシュートに構えるので、裏への飛び込みには対応しずらいところを狙う。

最後にこのプレー。
f:id:rio20120106:20170101052045j:image
この状況で赤の4に入る。赤の4は左利き。青の2がボールによる。赤の2はサイドを駆け上がる。
f:id:rio20120106:20170101052416j:image
赤の4は敵を引きつけ足の裏で後ろに流す。赤の2がフリーで抜ける。ポストの選手が左利きの選手ならポストプレーの右側から抜ける。右利きなら左側から抜けると、意表をつく足裏の後ろへのパスでフリーで抜け出せる。
f:id:rio20120106:20170101052815j:image
ここで赤の3番は逆サイドにいてスペースを消さないこと。青のディフェンス側から見ると、青の5は2ー1を作られることになるが、赤の3へのパスコースを切りながらボールに寄せる。マーカーを捨てるタイミングは抜け出した相手が赤の3の味方を見えているなら相手が縦にドリブルするボールを触る瞬間。攻撃側はサイドバックのオーバーラップや2列目の飛び出しに使える。また、守備側としてはディフェンスのカバーリングのタイミングと寄せるコースが重要。

以上、サッカーの局面打開に使えるアイディアが満載のフットサルでした。