毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

天皇杯決勝 鹿島ー川崎

鹿島スタメン
f:id:rio20120106:20170101165422j:image
川崎スタメン
f:id:rio20120106:20170101165422j:image

クラブワールドカップ準優勝の勢いそのままに勝ち上がってきた鹿島、
一方の川崎は風間八宏監督の有終の美を飾れるか。
天皇杯決勝は屈指の好カード。
鹿島は西がスタメンに戻っている。一方の川崎も大島がスタメンに戻っている。
来季は鹿島にレオシルバが入る。柴崎や昌子の海外移籍もあるかも、また、川崎も大久保の東京移籍が決まっておりお互いにこのメンバーでやるのは最後か。

前半4分の川崎、大島がこぼれを拾い小林に当てた瞬間に中村が前に出て走りながらトラップ。小林をマークしていた小笠原を置き去りにする。ボールを受ける時のトラップの位置を少し前にするだけで相手を置き去りにできる。その後登里→大久保とつなぐも、植田の大久保への寄せが鋭く、近い間合いで何もさせない。寄せすぎてスピードで振り切られるのは怖いが、体を当てれる距離ならスピードを出させない対応もできる。

前半8分の鹿島、西が前線にパスを出すもカットされる。その瞬間、西はボールに素早く寄せ、最後はスライディングで奪い返した。このプレーができないといくら上手くても鹿島のレギュラーにはなれない。

前半10分の鹿島のプレス。川崎の中村がディフェンスラインでボールを持つ。赤崎が寄せる。右の谷口へ、遠藤が寄せる。縦の車屋へ、西が寄せる。この辺りでかなり間合いは近い。車屋はファーストタッチで中への切り返し、長くなったところを小笠原がカット、こぼれを遠藤がダイレクトで裏の赤崎へ、パスはカットされるも、プレスからカウンターで自分たちの攻撃までがワンセットになっている鹿島。

前半12分、川崎は大島がサイドの田坂に散らしてまた中央で受ける。左にいた大久保はスルスルっと前のスペースへ、バイタルエリアで受ける。そのままミドルは永木が危険を察知してなんとかカット。真上に上がったボール。永木を背負う大久保はワンタッチで縦へボールタッチ、鋭く反転し永木を振り切る。ボールの先には相手ディフェンスラインから出てきた小林、このボールをいち早く感じている。
リターンを大久保へ、ループシュートはキーパーセーブ。川崎の上手い中盤に激しさと貪欲さを加える大久保。この男が川崎を勝たせるのか。

13分の川崎、大久保が大島から浮き球のパスを受ける。トラップもバウンドしている。あわてない大久保、永木が寄せてボールを狙って足を出したところでターン。慌てず敵を見て、狙ってくるギリギリのところでアクションする。

川崎のポゼッションにも鹿島が慣れてきたかなという前半17分、大久保が味方ディフェンスラインの前、ボランチの位置で受ける。エウシーニョが右サイドから中央の裏へ、鹿島は昌子と山本でつく。裏へのボールに少し意表を突かれた昌子のクリアーは中途半端な位置、2列目から登里と小林、登里→エウシーニョ→小林とダイレクトでつなぎ、小林のシュートはキーパーセーブ。こういう裏へのボールが時折入ることで、ディフェンスラインも下げざるを得ないし、ボールホルダーにもプレッシャーが必要になる。

22分の川崎、エウシーニョ→中村→エウシーニョとつなぎ、中村は縦へスプリント。エウシーニョに縦に当ててというメッセージを込めて走る。エウシーニョ右アウトダイレクトで小林へ、昌子が読んでカットしたが、縦に飛び出す時は迷いがない中村。

24分の川崎、大久保が右からのボールを低い位置で受ける。寄せる永木。大久保は体は右を向いたまま左アウトでくさびのボール、受ける小林。大久保はワンツーをもらおうと小林に向かって走る。永木も下がりながら対応。大久保は進路を変えて小林の右で受けようとする。これにも永木は対応。大久保の動きは素晴らしいが、ついていく永木もまた素晴らしい。

27分の川崎、右サイドで田坂→エウシーニョ→小林→エウシーニョ→中村とつなぎ、裏に出る小林へスルーパス。中は3ー3も登里のヘッドは枠をとらえられない。エウシーニョが小林に当てた後、中村への落としが読まれていたところで、中へ走って小林からのワンツーを受けたことで攻撃がつながった。くさびのボールに落としや裏の選択肢をふやせると攻撃に厚みが出る。

前半33分、鹿島は右サイドで受けた西、中央を向いているが、縦に遠藤が抜けている。右アウトで縦パスを出す。体の向きを変えて相手に読ませない西のプレー。

前半33分、鹿島は左サイドでこぼれ球を拾った柴崎が山本に預ける。ここで一度裏を狙うフェイントをしてから下がってリターンを受ける。このフェイントで相手は一歩寄せる距離が遠くなる。走り出した土居にスルーパスが通る。土居の切り返しからのクロスはクリアー。柴崎のような上手い選手でもこういう駆け引きをやっている。

前半37分、川崎はパスカットした中村が大島に預け中央のスペースへ、鹿島はボールに強くいくぶん、ディフェンスラインの前のスペースが空きやすい。ここに走り込むと、大島から足元に吸い付くようなボールが出る。隣に並走する大久保に迷わず預け、大久保は中村へリターンと同時に裏へスプリント。今度は走る大久保の足元へラストパス。持ち出して抜けてねというボール。わずかに持ち出しがずれてシュートには行けず、クロスはクリアーされた。全員が川崎のパスサッカーを100パーセントできるわけではない。この3人で回した時こそもっともチャンスになりやすい。かつてのバルセロナのシャビ、イニエスタ、メッシのように。

前半42分、鹿島のコーナー。遠藤の低く速いボールに山本のヘッドが決まり1ー0。ファーに抜けると見せかけ中央に走り込んだ山本へドンピシャのボールだった。キーパーのでれない位置に速いボールを通すと得点になりやすい。鹿島はキーパー前に1人、ボールの軌道下にスペースを作り、5人を重ならないように走りこませ、山本が見事に合わせた。

前半終了1ー0
鹿島は押し込まれても耐えて耐えて、チャンスで決めてくる。鹿島の得意のスタイルが出た前半だった。

山本→ファンソッコ
登里→三好

後半開始。

後半8分の川崎、大島から中央に下がってきていた小林へ、小林はスルーしてそのまま裏へ、ボールの先には三好。スルーするときは斜めのボールに対し、三好を中心に小林が円を描くように動く。植田と1ー1の三好。もうすでに小林に出すことは決めているか。しかし左に体をゆすり植田を誘っから右を通り抜ける小林へ出す。小林は右足で見事に決めた。交代で入ったファンソッコは最後に小林へアタックしたが、行ききれなかった。

後半12分の川崎、エウシーニョが右サイドの低い位置からドリブル。ファンソッコが対応、小笠原もサポート。縦に行くと見せかけギリギリまでファンソッコに近づく。小笠原が後ろをカバーしようとしたところで中へ切り返す。縦への意識を見せることで相手を下げさせるエウシーニョのプレー。スピードを落とさず攻撃するときに有効。

後半15分に鹿島、左サイドで赤崎がさらに左のライン際に張る柴崎へ、赤崎は裏へ突進。柴崎からスルーパスが通る。赤崎のマークが中村だったことを見ての赤崎と柴崎の選択か。しかしシュートは正面。

後半19分、カウンターで三好からのサイドチェンジに小林が抜け出す。右45度からのシュート体勢。
昌子は懸命に追ってファーは切れるくらいの位置。小林は切り返してすぐに左足。シュートは惜しくもポスト。切り返した後のシュートまでの速さも含めて一流のプレーだった。志高く練習する中高生が60メートル走り、切り返してすぐに左足で巻いたシュートを打てるようになるには、ただの60メートルダッシュではなく、ダッシュ後のシュートを練習メニューにくみこむべき。苦しい状態でいかに速く精度の高いプレーを出せるかがカギ。

後半38分、交代で入った鹿島の鈴木が左サイドエリア付近でドリブル。。田坂が対応。斜めにドリブルしてくる鈴木に対し、待ち構えていて縦に抜けようとするところを体を入れた。勝負してくるところでの反転、体の入れが決まったシーン。田坂は攻撃でも右サイド広範囲にサポートしている。

後半終了1ー1

延長戦。体力的に苦しい場面でいかにチームに貢献するアイディアや技術を出せるかに注目したい。

延長前半2分、上田からのロングボールに裏を狙うファブリシオ、エドゥアルドとせると見せかけ裏へ反転、田坂のカバーを振り切りループシュート。キーパーの頭上を越えるもエドゥアルドがカバーして
ふせぐ。エドゥアルドがゴールカバーをサボれば1点が入っていた。しかし、交代でファブリシオのようなフィジカルのある選手を入れられるとディフェンスは辛い。

延長前半2分、鹿島は遠藤のコーナーキック。今度はニアに低く速いボール。西のヘッドはクロスバー。得点シーンのニアサイドバージョンという感じだったか。ヘッドのそこまで強くない山本や西が合わせたられるのはチームとしての狙いがはっきりしており、点で合わせるボールを蹴っているからか。

延長前半3分、クリアボールにいち早く反応する鹿島の鈴木、すらしてエリア内の西へ、シュートに行くと見せかけ切り返す。西は谷口と絡んで倒れる。しかしそのボールを近くでサポートしていたファブリシオがシュート。これが決まって2ー1。鹿島は鈴木、ファブリシオを中心に動きの量とボールへの執着心でこの時間帯の川崎ディフェンスを上回っている。

延長前半4分、鹿島は川崎のボールを奪うと柴崎が左サイドの裏へ、鈴木が走る。ファブリシオは中を走る。川崎は3枚が戻る。鈴木の仕掛けは谷口が止めるも、この時間に走れるフォワードとの1ー1を強いられる川崎のディフェンスの負担は大きい。

川崎は田坂→森谷

延長前半8分、鹿島のコーナー。遠藤のキックはまたもニアへ速いボール、ファブリシオのヘッドはポスト。

延長前半終了。

川崎は大島→森本

延長後半1分、川崎は中央で大久保からパスを受けた三好がミドルシュート。となりで大久保がリターンを要求していたが、自分で行った。この気持ちの強さが、U19でも存分に見せて欲しい。

延長後半3分、川崎左サイドの車屋から森本が引いてあけた裏へのスペースへ走りこむ三好、しかし永木が体を入れる。相手の攻撃のキーマンに着くのは永木。ボールが出てくるところを嗅ぎ分けることができる選手だ。

延長後半6分、鹿島は右サイドで遠藤が持つ。近くに味方がいないと思いきや、上がってくるは柴崎、ずっと自重してきたのは、延長までを見据えて、必要なところで力を使うためか。バイタルエリアで受け、裏へ走る遠藤へスルーパス。これが通りビッグチャンスになる。鈴木やファブリシオは前線で激しく行くことでビッグチャンスを作るが、柴崎は丁寧に確実にビッグチャンスを作る。遠藤のクロスはキーパーセーブ。

延長後半10分、谷口→中村→森本→中村→エウシーニョと速いパス回しでつなぎ、エウシーニョはエリア内で受ける。大久保、小林はディフェンスの死角からファーサイドへ逃げる。しかしその間で遠藤がクリアー。わずかにあわなかった。監督に教わったことは全部出そうという川崎の攻撃にも見えた。

延長後半14分、右サイドでキープする鈴木、谷口がプレッシャーをかけようとして寄せた瞬間、また抜きしてスピードアップ。谷口を一気に抜き去る。延長後半に相手が嫌がるプレーをする鈴木。

試合終了、2ー1で鹿島の優勝。川崎も素晴らしいサッカーをした。この風間監督が率いた川崎は石井監督の鹿島とともにずっと語り継がれるチームになるだろう。でも今回も勝者は鹿島だった。レアルマドリードとの延長戦を戦ったことが、鹿島に十分すぎる経験を与えていた。延長戦で最も輝いていたのは、鹿島の交代出場のファブリシオと鈴木だった。

関西で関東勢の2チームの決勝戦、赤と水色で2分されたサポーターの中、最高のプレーが見られた。