毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

高校サッカー選手権、準決勝、東海大仰星ー青森山田

東海大仰星青森山田
青森山田は鹿島の柴崎の出身校、一方東海大仰星は大阪の藤春の出身校。この2選手をあげるだけでも、何となくこの両チームのサッカーもが見える。青森山田は総合力高いチームだ。走れて、技術が高く、どこからでも点が取れる。一方、東海大仰星は運動量と守備組織、セットプレーに強みを持つチームだ。

前半3分、東海大仰星左サイドの面矢のロングスロー。少しボールが短い。青森山田の選手が逆に東海大仰星の選手をブロックしながら出足よくボールをクリアー。そのボールを前線に残していた1枚がダイレクトで落として、そこにエリア付近にいた選手がもうサポートしている。クリアした瞬間から全力ダッシュでサポートしている。相手のストロングポイントであるロングスローからカウンターを狙っているように見える。カウンターで2ー2になりかけたがパスが少し流れた。

前半6分、青森山田のU19日本代表GKである廣末は、キックの精度が高いGKだ。そして、プレッシャーを受けてもしっかりつなげる。ゴールキーパーがゲームを作れれば、前線に人数をかけることができるし、安心してバックパスも出せる。この存在は大きい。

前半9分、4ー1ー4ー1のシステムを採用する青森山田のワンボランチ住永から、東海大仰星2ラインディフェンスの間で受けようとする4枚のシャドーの1人である嵯峨へ、嵯峨のスルーしたボールの先にはワントップの鳴海。鳴海のダイレクトで裏へのボールに嵯峨が走りこむも東海大仰星センターバックがクリアー。こちらの守りもかたい。青森山田の狙いの1つは2ラインの間を使いながら裏を狙うことか。

両チームのサッカーで大きく異なる点が1つある。ボールを保持する青森山田は寄せられて前線につなげなければディフェンスラインやキーパーに戻して作り直すことが多い。それに対し、東海大仰星はほとんど後ろへのパスは出さない。プレッシャーを受けて前線につなげなければ、スペースへけることをいとわない。このサッカーで次々と強豪を倒している。

前半23分、先制点は青森山田、前線へのフィードから競り合いのこぼれ。東海大仰星センターバックが先にさわれそうなボールに飛び込んだ青森山田の選手。これでこぼれたボールに左サイドバックの三国スティビアエブスがドリブルで駆け上がり、エリアに入り、右足で切り返して右インフロントで巻いて決めた。クロスを警戒してトップスピードでカバーに入るディフェンスは、この切り返しからすばやく右足で精度の高いシュートを決められたら、きびしい。しかも相手はサイドバックの選手。青森山田の個人の技術の高さがわかる。また、青森山田の選手が無理なボールに飛び込んだことで、チャンスが生まれた。個人の技術の高いチームは時として気持ちを出して体を張るプレーをするのは難しいこともあるが、青森山田は両方を持つチームだから強い。

先制点は大きい。地区大会から東海大仰星は先制点を許したことのないチーム。
どうする東海大仰星

しかし、前半25分、すぐさま追いつく東海大仰星。面矢のロングスロー2連続、山なりのボールはクリアーが飛ばない。エリア付近で拾い左足でのクロスにファーサイドでフリーの松井が合わせた。クリアされた時点でエリア付近まで下がり、ディフェンスがボールウオッチャーになる中で1人ファーサイドのスペースを狙っていた。東海大仰星らしい見事なゴール。東海大仰星のサッカーを見るとセットプレーの重要性を再確認させられる。

前半35分、青森山田は右サイド郷屋のロングスロー。ロングスローにはロングスローで。そして、青森山田もこぼれ球を狙っている。サッカーは、狙っていろいろな事をやろうとするスポーツだが、こぼれ球に関してはわからない。気持ちの強い方にこぼれるという言葉があるくらいだ。

前半40分、今度は左サイドから郷屋のロングスロー。こぼれ球に青森山田はPKスポット付近からシュート。さらにこぼれをJ2千葉に内定の高橋が決めた。こぼれ球はわからない。ただ、ロングスローを知り尽くす東海大仰星がロングスローから失点した。ロングスローのボールが入る時点で、ディフェンスの選手がゴールエリアにほとんど入り、PKスポット付近に少しスペースがあいてシュートを打たれたのが失点の原因か。高橋は鳴海と並んで今大会4ゴール目。得点ランクトップの並ぶ。

前半終了。2ー1

後半に入っても青森山田は郷屋のロングスローからチャンスを作る。しかし、東海大仰星も粘り強く守る。

後半8分、東海大仰星はディフェンスラインで回し左サイドバックの面矢にボールが入る。寄せる青森山田、90分プレスをかける体力がある両チーム。面矢は左足で縦パスを出すと見せかけ、斜めにドリブル。中央のスペースに侵入してプレスをかわす。このプレーは攻撃的サイドバックレアルマドリードのマルセロやトットナムのローズなどが得意なプレー。プレスを中にかわして持ち上がるプレーはサイドバックが身につけたい技術だ。

後半9分の青森山田、くさびのボールに鳴海が受ける。相手センターバックが狙ってくる。ボールに遠い方の腕で相手の胸をブロックしながら、遠い方の足でボールを持つ。相手の体の支点に近い胸をおさえることで、相手の足はボールに届かない。基本がしっかりできている今大会注目の2年生FW。

後半10分、東海大仰星のキープレーヤー面矢のロングスロー。投げて終わりではなくすばやく次のこぼれを狙う。こぼれがその面矢へ、シュート性のクロスはゴールラインを割った。ここで東海大仰星の選手は全員が今のは違うだろのジェスチャーをしていた。巻いたクロスであれば中で少なくとも3人が狙っていた。チームの約束事と違えばキーマンにもしっかり伝えられる関係ができている東海大仰星はやはり強いチームだ。

後半16分、青森山田は三国スティビアエブスの競り合いのこぼれがエリア付近の鳴海へ、バウンドボールを胸トラップしながらトップスピードで抜け出す。それに対し、東海大仰星センターバック玄は手を相手の脇の下に入れて、スピードに乗らせず、最後は体を入れた。ディフェンスの選手はスピードのあるフォワードに対して、スピードに乗る前に体を(手を脇に)入れる技術を身につけよう。

後半18分、東海大仰星の松井がバックステップをしながらボールを受ける。ディフェンスがトラップ際を寄せようとしているとみると、ボールにさわらず反転しミドルシュート。キーパーが止めたが、ボールにさわらないことで相手の逆を取る見事なプレー。いずれプロに行って欲しい選手だ。

後半27分、東海大仰星は面矢のロングスローのこぼれをシュートまで行くも廣末がセーブ。東京内定のGKが立ちはだかる。徹底したロングスローでの攻撃。徹底いるものはなんでも強い。

交代選手を入れながら最後まで青森山田ゴールを脅かす東海大仰星

しかし試合終了。2ー1

やるサッカーに正解なんてない。人間教育の中での高校サッカー。その中で強いのは勝った方のチームだが、3年間徹底して自分たちのサッカーをやり続けたことに価値がある。日本が誇る素晴らしい育成システム。これをうまく生かして世界に通用するサッカー選手が多く出てくることを願う。少なくとも人間的には大きく成長していると思うが。