毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

ゴール前のスペースの作り方と使い方

ユベントスボローニャユベントスイグアインの先制点のシーンから
f:id:rio20120106:20170111053629j:image
ピアニッチが左から中央へ横向きにドリブル。この体勢は読まれにくい右足のスルーパスが出しやすい。
ジバラが引いてもらう動き。センターバックを1枚つり出す。
ケディラとストゥラーロが2列目から飛び出して2枚のサイドバックをつる。イグアインは動かずに中央でスペースを得る。今回はボールが出なかったが、ケディラとストゥラーロは当然もらってシュートを狙える位置に走りこむことで、ディフェンスはつかざるを得ない。しかもイグアインのスペースが空く位置に走る。
f:id:rio20120106:20170111054117j:image
ここで真打登場とばかりに空いているスペースへ少しだけ動いてここにくれとイグアインピアニッチの見事な浮き球のパスに、後ろからのボールをダイレクトボレーで合わせるイグアイン。スーパーゴール。
f:id:rio20120106:20170111054338j:image
イグアインのスーパーゴールだけが取り上げられるが、実はユベントスの周りの選手がタイミングよく動いて、イグアインのシュートを打てるスペースを作り、ワンテンポ遅れてイグアインがそのスペースを使うチームで奪った得点。