読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

移籍

「苦しいときに一緒になって戦ってほしい。」
これは佐藤寿人選手が名古屋へ移籍をする際に風間監督から言われた言葉。苦しい時期がくることはわかっていて、そんなときに力が必要だと言ってくれていて、頼りにされていると感じる言葉だ。

「周りの選手のメンタルまで気にかけて、目に見えない部分で差をつけられる選手だった。」
「1サッカーファンとして見たい選手が来てくれた。1たす1以上のものを見せられる。期待しかない。」
最初の言葉は磐田へ移籍した中村俊輔選手から名波監督へ、次の言葉は名波監督から中村俊輔選手へ。かつて代表でともにプレーし、ともに10番を背負ったレフティー同士の言葉のやり取り。確かに期待しかない。

「やっているサッカーの内容や経営理念、クラブとしてすごく理想的な、僕が応援したくなるようなプロジェクトを実行しているクラブにいければなと思っている。」
これは、移籍を模索している本田圭佑選手の言葉。経営者でもある彼の目線は、一歩も二歩も先をいっている。日本代表チームのことを考えると出れるチームに入ってほしいけど。

今回は移籍に関わる監督や選手の言葉をピックアップしてみました。
移籍というのは会見の華々しい部分だけではない。苦しい決断の上に成り立っている。でも、いろんなことを含めてこうやってしっかり思いを言葉にすることが、選手自身が新天地で飛躍することへの第一歩だ。