読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿島ー東京 Jリーグ2017開幕戦

鹿島スタメン

f:id:rio20120106:20170226214943j:image

東京スタメン

f:id:rio20120106:20170226214953j:image

注目の開幕戦、鹿島はペドロジュニオールとレオシルバとクォンスンテ、東京は大久保と永井と高萩と太田と林が新加入。

鹿島はすでにゼロックスACLを戦っている。

 

前半0分、丸山のヘッドの処理が高萩へ、金崎が猛然と寄せるも、アウトでかわして冷静につなぐ高萩。最初は思いっきり寄せてくることも計算済みか。

 

前半0分、森重のロングフィードが河野へ、つくのは山本。この時、東は昌子の裏をねらう動きをしてディフェンスラインを下げてからクサビを受ける動きをし、山本の食いつきを見て、右サイド裏へ抜ける。クロスはキーパーへ。東の大きな動きが鹿島の守備陣形を崩す。

 

前半2分の鹿島。右サイド遠藤から高い位置に張っていた西へ。西のボールの持ち方は余裕がありマークにつく永井は寄せきらない。遠藤が内側から追い越す。太田と高萩はどちらもマークにつききれず、右足のクロスも中は1枚。インナーラップは誰がマークするかで混乱させる効果がある。ーましてや東京は新加入の高萩と太田。

 

前半6分、東京はコーナーがクリアされ室屋へ、大久保が右サイドの低い位置まで下がる。レオシルバがマークする。中は小笠原1枚。室屋は中の薄さを利用して永井へクサビのぼーるをいれる。まさかのタイミングに植田は遅れる。ここで、東と大久保がサポートに走る。永井キープのこぼれが東へ。その瞬間、大久保は進路を変えて山本の裏へ、東はドリブルで中へ行くと見せかけ大久保へ。シュートはキーパーセーブ。東、大久保と山本、昌子の2ー2で山本サイドの裏をねらう大久保に対して、山本がボールと大久保の両方をえみさせられたか。昌子ボール、山本が大久保の方が対応できたか。レオシルバも大久保に振り切られた。

 

前半9分のレオシルバ。東京が室屋、橋本、河野、高萩、とつないで、橋本が河野に出した時点で高萩から3人目の動きでもらって抜けていこうとする。レオシルバは河野から高萩に入る時点で高萩に食いついた動きを見せて橋本に出させる。前に寄せるふりをして後ろへ下がりながら高萩のパスをカットした。食いつくふりをして一番相手が狙いたいところへ出させてカットするプレー。

 

前半10分、鹿島のスローインはペドロジュニオールへ。森重は後ろからジャンプ。この時相手に近い方の足を振り上げてジャンプ。お尻を相手の背中に当てながら相手のポジションをずらしつつヘッド。回転して力を逃して、後ろ向きで着地する。このヘッドは手が相手に対して出ていないのでファウルになりにくく、体の回転する力を使うのでジャンプも高くなりやすい。

 

前半36分のレオシルバ、大久保が背後から寄せてくるところを、進路に体を入れてボールを守ってからターンする。相手を体で抑えてターンすれば、かわそうとして相手に読まれて取られるようなことはない。

 

36分これまたレオシルバ、山本からの横パス。ダイレクトで縦に通せる位置に土居がいる。そこに絶妙の距離感でコースを開けてねらう橋本がいる。それを察知してレオシルバはダイレクトでどいに出すふりをしてトラップ。橋本は土居へのパスコースへ動いて逆を取られる。狙われているときに狙わせてあげて逆を取る余裕のあるプレー。

 

前半38分ボランチの位置で持つ高萩、ペドロジュニオールと金崎が寄せ切らない間に、左サイドの永井が裏へ抜ける動き。西がついていきディフェンスラインにギャップができる。そこをねらう河野。昌子の後ろに隠れて裏へ抜け出す。高萩から河野へ。昌子のオフサイドアピールが鹿島のラインのズレを物語る。河野の落としに大久保が2列目からフリーで抜け出そうとする。ついているはずのレオシルバは高萩へ無理なボールアプローチをしていた。ずれている鹿島の守り。

 

前半38分、室屋のクロスに中は4人。クロスの精度とボール軌道下に入る人数が大切。クロスの精度とは、味方がワンタッチで決められるボールで、ディフェンスやキーパーにイージーにクリアできないボールのこと。同じようなクロスでも得点確率はこの2つの要素で大きく変わる。

 

前半39分のレオシルバ、橋本がパスをもらいそうなところで5m低い位置からダッシュ。橋本がボールを受けるとき、ダッシュのステップを変えて左足、左足〔このとき橋本の手前30センチ〕、慌てて右インサイドで左へかわそうとした橋本に対し右足でカット。トップスピードで寄せて、慌ててかわさせて足を出して取る。すごい技術。

 

前半41分、高萩が右サイドに持ち出す。中から東。昌子が待ち構える。東が走りこむ足元に速いボール。東はそのまま縦へ。昌子はスピードがあるが止まっている昌子に対して走りこむ東が裏へ抜ける。走りこむ足元はファーストタッチの技術さえあれば抜ける。

 

前半終了0ー0

レオシルバ先生、後半もお願いします。

そして、すでに組織がしっかりした鹿島で個の強いレオシルバがフィットするのには時間が必要だと感じる。

 

後半3分、鹿島は小笠原が右サイドで持つ。ペドロジュニオールがクサビのもらう動き。丸山を引きつける。金崎がボール軌道上に入るためスルーして裏へ抜ける。しかし金崎の前で森重がカット。金崎も感じていなかったが、森重の方がスルーもあるかものポジショニングを取っていた。

 

 後半8分のレオシルバ、東京は室屋のクロスのこぼれに中央で高萩がダイレクトで前線へ、そのパスを前でカットするレオシルバ。そのまま寄せてくる高萩を見てカットのファーストタッチを胸で斜めにコントロール。見事に高萩をかわしてカウンターを発動させる。インターセプトファーストタッチをコントロールするのはトップスピードの技術で、

 

後半11分、東京は左サイドで永井が持つ。太田がオーバーラップするときに中央の高萩へ出して永井は中へ。太田が内側に入るのをイメージした高萩とは合わなかったが、オーバーラップの選手を使うと見せかけ中へ出し、中から3人目でより危険な位置でサイドバックを使うか、自分が中でワンツーをもらうか。何れにしても、高萩のところで2ー1、3ー2を瞬間的に作る破壊力のある攻めができそうだ。

 

後半14分、高萩が低い位置でペドロジュニオールに奪われる。こぼれが土居へ。その瞬間金崎は裏のスペースへ。判断力を失う東京ディフェンス。森重が金崎につき、丸山もカバーに寄る。その空いたスペースにペドロジュニオールが走りこむ。土居は金崎を見ながらアウトでペドロジュニオールへスルーパス。シュートは林の好セーブ。ショートカウンターでは、最初のフォワードが一番危険な裏へ抜けることが最も大事。

 

後半16分、大久保が左サイドで持つ。小笠原が追う。一度スピードをゆるめて追いつかせ、アタックしようとするところで再度スピードアップして振り切る大久保。小笠原はたまらずファウル。チェンジオブペースの駆け引きもうまい大久保。

 

後半35分、クリアボールに交代出場の前田。後ろを振り向いて、植田が来ていることを確認。キープする姿勢を見せる。植田は止まって対応しようとする。次の瞬間にワンタッチで反転して抜き去る。キープすると見せかけて、相手の動きを止めてから抜き去る前田のうまさ。

 

後半37分、東京は中島のカットインシュートをキーパーがはじいたところを、鹿島のオウンゴール

先制。1ー0

 

試合終了。開幕戦は難しい。

充実した戦力を持つ両チームの連携はまだまだこれから深まっていくだろう。