毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

ガンバ大阪ーFC東京

ガンバ大阪スタメン

f:id:rio20120106:20170312041504j:image

FC東京スタメン

 f:id:rio20120106:20170312041444j:image

Jリーグ第3節の好カード

2連勝しているFC東京ガンバ大阪は1勝1分け。ガンバはアンカー遠藤と3バックに注目。

 

前半1分のガンバ、いきなり狙いが見えるシーン。東京林から丸山へ、アデミウソンが猛然と寄せる。フリーだと思ったらいきなり寄せてきたアデミウソン。丸山慌ててパスミス。初瀬カット。下げてファビオから前線へクサビ。東が遠藤のコースを切るのでクサビのコースがあく。アデミウソンスルーして今野が落として長沢から裏へ出る今野。1つの狙いとして、プレスは全て行くのではなく、タイミングを見て狙えるところで行く。また、遠藤をおとりに使ったクサビに対してツートップと2列目が近い位置で関係を作ることで中央を一気に崩す。それにしても今野はどこでもできる選手だ。

 

前半5分の東京、大久保が左サイドで受ける。着くのは三浦。相手3バック一角を引き出し、中の高萩へ戻す。中央のスペースを狙うのは東と永井と河野。残りの2枚のセンターバックで3枚は見れない。三浦が戻るも、再び河野に引っ張られ空いたスペースに東が入る。裏を狙うタイミングで、高萩からリターンを受けた大久保から浮き玉のスルーパス。通るもクロスは合わず。大久保が下がってゲームを作ることもできるところで、3バックのスペースが空いたところが東京の狙い目。

 

前半10分のガンバ、アデミウソンがおりてきて三浦から受ける。倉田は三浦が当てるタイミングで前に出る。アデミウソンの落としで倉田がフリーで受ける。最初は自分も受ける動きをして相手を引きつけ、フォワードの動き出しを見て前に出て落としを受けることでフリーになる倉田のうまい動き。次の初瀬を生かす動きも紹介。次にサイドでフリーの初瀬に預けず、中のアデミウソンに預けて中へ突進。サイドバックの太田を引っ張る。アデミウソンからダイレクトで初瀬の裏へ。初瀬が感じて入れば裏を取れる攻撃だった。相手の前に出る力を利用して相手のマークを外し、味方を助けるフリーランも惜しまないガンバの10番倉田のプレー。ユース出身の選手だ。

 

前半12分、ガンバの藤春が左サイド深い位置で受ける。室屋が寄せる。藤春はボールに触らず反転。室屋は寄せている体を反転させて体を入れる。体の入れ方は、左腕を相手の胸の当てて、相手よりも低い体勢を作る。低くすれば重心が安定して体勢を崩しにくい。見事に体を入れた室屋は注目の右サイドバックだ。

 

前半12分、またもガンバの守備の狙いが見える。東京の林が持つ。アデミウソンと長沢はキーパーに寄せずに出たところを狙っている。そこで東京は森重を中央に

、室屋を右に開かせ、丸山を左に開かせる。こうすることで、フォワードが追う距離は長くなる。林もワンフェイクを入れてから逆の丸山へ。長沢が懸命に追うも距離が長い。フィードは正確に永井に当たる。

 

前半13分の室屋、藤春との競り合いで倒れている。それを見て今野が付近にパスを通そうとするが素早く起き上がって激しいタックルでボールを高い位置で奪う。室屋の身体能力も素晴らしいが、動けないだろうという体勢を作っておくと相手はパスを出してくる。そこを狙えると奪い方に幅が出る。

 

前半16分の今野、橋本が中盤で受けていいテンポで前線へ出す。しかしそのパスコースに橋本に入る前に気づいた今野は、スピードを上げてスライディングでコースに入ってカットした。橋本にしてみれば受けてから出すまでが完璧だった。そのプレーをイメージしていた今野が1枚上手だったシーン。

 

前半16分。室屋が遠藤に激しく寄せる。その室屋に対して、体をボールと相手の間に挟む遠藤。勢いよく行き過ぎて室屋はファウルを取られる。というよりも、室屋の勢いを止めるためにも、かわすよりもファウルをもらうプレーを選択した遠藤は勢いのある選手の押さえ方もわかっている。

 

前半20分のアデミウソン、低い位置で受ける。後ろから寄せてきている選手がいるが動かない。相手がボールに触れると足を出すタイミングで体を入れてかわす。先に動くと動いた先に寄せられるため、ギリギリまで引きつけてかわす。

 

前半21分、ガンバ先制点のシーン。藤春からキム、キムから遠藤へ、橋本が寄せる。遠藤は藤春に戻し、キョロキョロ周りを見ながらディフェンスラインに近づく。そこへ再度ボールが入る。今回は誰も寄せてこない。1度ダイレクトで戻して逃げられた直後だから2回目は来ない。それに少し低い位置に下がったし。最も近い位置の大久保も寄せない。前線で動き出すアデミウソン。そこへ速い浮き玉のパスを出す。40メートルくらいか。遠藤にしてもみれば10回蹴って10回ともほぼ同じ位置にけれる。フリーなら。アデミウソンと丸山。ボールに先に触れるのはアデミウソン。丸山は並走。ここで気にするべきはアデミウソンの使えるスペース。まだゴールラインまでは10メートルはある。ファーストタッチの瞬間縦にスピードを上げるアデミウソン。振り切られる丸山。完全に抜き切って角度のないところから見事に流し込んだ。見事なゴール。

 

前半38分、長沢がキープして森重が前に出たスペースに走りこむアデミウソン。そこへ長沢からスルーパス。迷わず左足シュートはわずかに外れる。スピードと技術を併せ持つアデミウソンは非常に危険な存在だ。

 

前半終了

 

後半6分、ガンバは左サイドの藤春が柔らかいボールでクロス。中には長沢1枚。当然ディフェンスもボールを見る。1ー4になっている。ボールが溢れるところに2列目から倉田が走り込み、左足でシュート。ポストに当たるも跳ね返りがオウンゴール。2ー0

アバウトなクロスも2列目が狙えて長身の長沢がいるから有効だ。

 

後半11分、東京は途中出場の中島が中央で受けるとまたいで持ち出して左足ミドル。キーパーが弾く。中島のミドルは両足共に強烈だ。こういうせめてに欠く試合で打開する1つの方法だ。

 

後半15分の長沢のプレー。ファビオからのクサビを受ける。ファーストタッチでボールに対して90度の角度に右インサイドの切り返し。これを下がってきてやるとしてついているディフェンスは反応しにくい。森重たまらずファウル。

 

後半30分室屋はシュートフェイントで今野を飛び込ませ、縦に抜けて倒れた。PK

うまくもらったというところか。東京にしてみれば攻め手がない中でこういう得点も必要。しかし大久保のPKは東口がセーブ。

 

後半39分、ガンバはオウンゴールで追加点

3ー0

 

試合終了