クロスの守備

クロスに対して守ることは時として難しい。
どういう時に難しいかというと、スペースがあり、下がりながら守備をする時だ。この時、ディフェンスはボールと敵を同時に見るのが難しい。なぜなら、体が自陣のゴールを向いていると、クロスをあげてくる相手が持つボールが90度の方向にあり、相手が180度体を回転させる方向にいるからだ。
そこで、全力で下がりながらクロスに対応する時には、予測が必要になる。
クロスの軌道と相手が走り込む位置だ。
クロスを蹴る選手は、こういう軌道でこの位置で合わせるということを考えて蹴る。そこで、その軌道を読んでコースに入り、カットすることができれば、ピンチを防ぐことができる。
先にコースに入ると別のコースを選択されることがあるので、相手が判断してからコースに入る、きわどい時にはスライディングでカットする必要もある。
そして相手のシュートを打つ選手に対するマークのつき方だが、相手は突然進行方向を変えたり、スピードを変えたりして、クロスに対して先に触ろうとする。じゃあいつそれをやってくるかというと、基本的にはクロスを上げる選手が合わせる選手を見るときだ、その見られている時にここで欲しいという意図を伝える。だから、そのタイミングで変えてくる予測が必要だ。手や体をうまく使って進路をさえぎることもうまくやれば有効だ。油断せず予測すること。最後は体を投げ出して10センチの勝負をすること。相手に触られても最後まで自由にさせないこと。などを粘り強くやってみよう。