J1第12節 好プレーを分析

柏ー磐田

柏の伊藤純也。スルーパスに抜け出すもボールがサイドに流れて、後ろ向きの状態で磐田の宮崎との一対一。ここで、後ろ向きということでゆったり構える宮崎。首を振りそれを感じ取る伊藤。ここでファーストタッチで右アウト、ゴールと逆の方向に一気にスピードを上げる。慌てて食いつく宮崎。そこで伊藤はさらに右アウトで、最も突破したい縦に切り返す。宮崎を見事に置き去り。相手の動きを見て最初のタッチで行きたい方と逆にスピードを上げて食いつかせた巧みなプレー。ディフェンス側としては、振り向かせないくらいの圧力をかけてから下がるとか、スピードアップのタイミングに合わせてどちらにも動ける準備をするとか、対応が後手にならないようにする必要がある。

 

浦和ー清水

清水のチアゴアウベスの巧みなプレー。中央のチアゴアウベスへの横パスに遠藤がアプローチ。普通に左足でトラップする位置でトラップしない。その分、遠藤が寄せる距離が近くなる。そこを狙っているチアゴアウベス。タイミングを遅らせて引きつけて、得意の左足で前のスペースへ持ち出す。遠藤が寄せすぎた後ろのスペースへ抜け出す。10センチ触る位置が遅いだけで、ディフェンスはタイミングがずれる。それだけで抜ける。逆に仕掛けて来そうなら、ディフェンスは寄せすぎない。もしくは食いついたふりをして、寄せて、やりたいことをやらせて体を入れる。

 

東京ー神戸

東京は中央やや右寄りで大久保が引いて受けて、中央やや左寄りの前田へ斜めに縦パス。前田はダイレクトで中央やや右寄りのディフェンスラインの裏へ走る永井へ。永井が見事なループを決めた。永井の走り出しに注目。大久保が持った時に右サイドから中へ入ってくる。センターバックに受け渡される。しかし、左寄りの前田に出たので、前田のタッチの瞬間にはボールを見るセンターバック。この瞬間に永井が中へ入る動きから一気に縦に進路変更。裏を取った。センターバックの見えない位置で進路を変える見事な動き。永井というよりもむしろこの3人に共通意識を感じた。センターバックが防ぐには、スルーパスのコースの読みが必要か。もしくは前田のところで自由にさせない。