毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

柏ー浦和

柏スタメン

f:id:rio20120106:20170607041150j:image

浦和スタメン

f:id:rio20120106:20170607041242j:image

 

柏は 伊東、小池、クリスティアーノ以外は全員ユース出身。

素晴らしい育成力。

意思疎通も取りやすい。

柏の前線からのプレスを見ていきたい。

 

浦和のバックパスがディフェンスラインに下がっている阿部に入る。柏は中川と伊東で寄せる。

 

浦和のバックパスがキーパーの西川へ、クリスティアーノと武富が寄せる。前線からのプレスでボールを下げたとき、2人が行くこともある。

 

前半7分、浦和が槙野へ大きくボールを下げる。中川が全力で追う。西川へ下げる。クリスティアーノが追う。森脇へ出す。武富が追う。武富は次のパスコースを首を振って見ながら追う。パスを出せるタイミングで少し進路を変えてカットを狙う。西川へ戻す。中川が追う。クリスティアーノは中央の遠藤のコースを切る。西川は右サイドの関根を狙う。 手塚がパスカットを狙う。惜しくもカットできず入れ替わる。関根はサイドをドリブル。ここで着くのは輪湖。下がらない。ボールタッチして足から離れる瞬間に前に出る。しかしこれも関根にかわされる。大谷がカバー。このとき後ろは浦和の前線3枚に対して、ディフェンスラインも3枚。関根が柏木に流したところ、少しずれて、カバーに戻った伊東が奪う。浦和のピッチを広く使ったボール回しにどこまでこのプレスをかけ続けられるか。

 

前半8分、遠藤から西川へ戻す。中川が追う。先ほどのプレスもそうだが、中川は西川の左側から、つまり左足で蹴らせないように追う。西川のボールは輪湖がはじきかえす。武富が拾いクリスティアーノへ。ここで中央に残る中川がフリーになっている。そこを見逃さないクリスティアーノ。槙野が間一髪クリア。

 

前半10分、柏のボール回しにも注目。ディフェンスラインの中山、中谷、小池で回している。3人が近い。3人の距離は10メートルないくらいで回す。そして特徴的なポジショニングとして、サイドバックボランチが持つと中央へ上がる。伊東と武富はワイドに開くので、ここがフリーでボールを受けやすくなる。

前半11分、中谷から右サイドの伊東へ、前線には内側から縦に抜けた小池、中川が中央裏を狙い、クリスティアーノが下がってポスト、武富が左サイドの裏、大谷が2列目から上がる。そんな中で、伊東のバイタルエリアに侵入するドリブル。着くのは高木。一度左サイドの輪湖に下げると、ダイレクトで武富へ当てて、今度は輪湖が中から上がる。中央に下がってきたクリスティアーノに当てると前を向いてミドル。柏の攻撃は、前線に人をかけることで、バイタルエリアでプレッシャーを受けにくくしている。

 

前半12分、ここで初めて下がっての撤退守備を見せる柏。このとき輪湖は裏へ抜ける興梠に対してディフェンスラインまではトップスピンでついていき、ディフェンスラインと同じ位置で止まる。さすが長年やっているコンビネーション。この高さを綺麗に揃えるには年月を要する。

4枚の2ラインで、ワイドには伊東と武富、中央の2ラインの間でもらおうとする高木にはこのとき小池が少し前に出てみる。ディフェンスライン4枚がなるべく中央に居られるような配置。

 

そして前半13分、また浦和の下げるボールに、槙野へ中川、遠藤へクリスティアーノ、森脇へ武富、関根へ輪湖。行くときは前線のクリスティアーノを含めて意思疎通ができている。

 

前半17分、大谷が中央で持つ。前線では中川が中央から左へ、右サイドの伊東が中央へ、右サイドバックの小池がフリーになる。

 

前半30分、輪湖が左サイドでボールを持ち、アーリークロスのような構えから楔を中央へ、これにより楔のコースがあく。ここへ、クリスティアーノが入ってきてスルー。中川に合わず。しかしボール軌道上に3人。狙いはあったか。

 

前半31分、また左サイドの輪湖が前を向いたまま中央のクリスティアーノへ、スルーして反転、中川がダイレクトでクリスティアーノへ、しかし森脇が見事なカバー。気付かなければ1点だった。

 

後半1分、柏は右サイドから決定機を作る。センターバックから右サイドの伊東が下がって来る。小池が中から裏へ 抜ける。このとき、浦和は宇賀神が伊東に、関根が小池につくも、小池が伊東に出るボールが動いている間に裏に抜けるのでついていけない。後ろから追いかける関根に対し、縦に行くそぶりを見せて関根が縦にスピードを上げたところを中へ進路を変えてかわす小池。ラストパスはキーパーとディフェンスラインの間に。クリスティアーノが外す。