毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

Jリーグ第15節

セレッソ大阪ー清水

スローインからの清水の先制ゴール。チアゴアウベスのクロスに鄭大世スローインはセットプレー。動きをあらかじめ決めておける。それを精度高く実行するだけで点が入る。ロングスローは運の要素も強いが、スペースに走りこんで利き足のダイレクトクロスは有効。鄭大世は、ディフェンスの死角から点で合わせる。最もキック精度の高い選手と最もシュートが上手い選手を配置してのおそらく練習通りの得点。

終了間際のセレッソは山口蛍からの浮き玉のゴール前の競り合いでハンドによってPKを得る。背中から競り合った松原の手にセレッソ藤本のヘッドが当たる。不運といえばそれまでだが、ペナルティーエリア内でのハンドは、欧州ではさらにシビアだ。ディフェンスの選手がエリア内で手を後ろに組んでディフェンスするシーンが見られるだろう。今回のプレーはたまたま当たったが、狙って手に当てて来る

恐ろしい選手がいるということ。そういった意味でも、よくボールが見える体勢でのプレーがディフェンス側に求められる。

 

神戸ーガンバ大阪

神戸は前半終了間際に小川の見事な反転シュート。ディフェンスを交わす反転は、弱めのエリア付近での楔のボールに相手ディフェンダーが少し食いついたところで、小川が反転に踏み切った。ボールの横から少し回り込むように右足でトラップして反転。つまり相手ディフェンダーの前向きのベクトルに対して、斜め横向きのベクトルで抜け出した。このように、弱めのボールというのは、相手に迷いを与え、前向きの力を与えることがある。そこを逆手に取れれば抜き去るチャンスが生まれる。

後半に入り、ガンバ大阪のカウンター、堂安のドリブルから右サイドに預け、そのまま前線へ、その相手スペースに倉田が走り込みミドルシュート。カウンター時に、埋めるべき守備のスペースは中央。しかし、サイドに一度振ったことにより、二列目が中央を使えた。

決勝ゴールは長沢。倉田のニアのクロスに、キーパーより先に触った。キーパーの手を吹っ飛ばしてのゴール。動き出しはマークするディフェンスの背後に入り、そこからボールがニアのスペースを埋めるディフェンスの上を越えると見るや一気にスピードを上げてダイビングヘッド。そのイメージをディフェンス側が持てれば、最初の予備動作時に、動きを工夫できたか。

 

鹿島ー札幌

鹿島の右サイド西のスルーパスに抜け出す中村。スルーパスを出せたのは西のファーストタッチが中へ持ち出されたから。足元の技術が抜群のサイドバックだ。このスルーパスに中村が浮き玉クロス。逆サイドに詰めたのが左サイドバックの山本。両サイドのサイドバックが攻撃に参加する鹿島の攻撃時の戦術。

前半の追加点は、同じく西から中村へ、そして切り返してボールウオッチャーになるディフェンスに対して中央のペドロジュニオールが決めて2ー0。ゴールエリア付近の深い位置からのクロスには最もディフェンスがボールウオッチャーになりやすい。フォワードがボールと180度の位置になるから。それにしても、西のようなサイドバックに対しては、間合いを考えたディフェンスをしないとすごいスルーパスを出されてしまう。

ペドロジュニオールの後半の追加点、中を抜け出されたが、ボールが出てから中にスピードアップしてしぼるサイドバック。スピードアップするのは出る前の準備のときにすると、ボールが出てからの対応に選択肢ができる。

 

甲府ー柏

武富が左サイドから中央へ、このとき、中川は左サイドの裏を狙って走り込み、右サイドの伊東に広大なスペースをプレゼント。伊東はスピードを武器にサイドから中の裏へ、エリア内で受けるもクロスはカットされる。

 

新潟ー大宮

大宮の先制点、江坂が左サイドでドリブル、中央の大山へ戻してディフェンスラインの裏で受ける。そのまま決める。この大きなワンツーが通りやすいのは、戻したボールに対して江坂に付いていたディフェンスがボールを見ると江坂が見えないから。 ボールとマークする人が逆方向になるから。カバーする選手が必要。

 

川崎ー広島

広島の青山のクロスは低くて速いアーリークロス。これをディフェンスラインが下がったその手前のスペースに入れる。そこに裏へ走ると見せかけ横に走りこのスペースで合わせる柴崎。クロスに対して相手のディフェンスが高く、対応がしっかりしているときなどに有効。

決勝ゴールは川崎の阿部、ボールを受けたときに、中村が裏へ走ってマークを引きつけて阿部をフリーにした。