Jリーグ16節

G大阪ー川崎

長沢の同点ゴール。

左サイドで井手口がボールを持つと、ニアサイドのスペースを空けておいてそこに走りこんで点で合わせる。このタイミングが命。確実に狙っているスペースであればディフェンスはキッカーが顔を上げた直後に先回りもありだろう。

 

C大阪ー仙台

柿谷の先制ゴール。スルーパスに左サイドを抜け出し、左足でキーパーの足元を抜く。お手本のようなシュート。足が速いフォワードがいるとき、この技術を極めるだけでフォワードは得点が取れる。

山村の反転シュートの追加点は、高い位置で奪ったときに、山村が裏に抜けた。横ではなく、奪ったら飛び出す意識が大切。あとはキーパーを見て冷静に決める練習をするだけ。

仙台の西村のゴール。右サイドから斜めに入る動きで裏に抜けるとき、ディフェンスはコースを読みにくいし、マークにつきにくい。横のゾーンで受けわたすディフェンスが多いから。

 

柏ー札幌

柏のディエゴオリベイラのゴール。右サイドの角度のないところからキックフェイントを入れてかわして左足で決めた。角度のないコースのキックフェイントに飛び込む必要はなかったか。

 

横浜ー神戸

横浜の先制ゴール。マルティノスが左サイドでドリブル。山中がオーバーラップを仕掛けていたので、マークするサイドバックを連れて中へドリブルしてからサイドへ。山中がエリア内の深い位置で受ける。これでディフェンスは視野が失われる。グラウンダーのマイナスクロスに中町。斎藤のニアへの飛び込みもあり、フリーで決める。

 

広島ー大宮

大宮は江坂のポストから茨田が抜け出す。3人目の動きの抜け出しはスペースへ飛び出すこと。スペースはディフェンスがボールやポストプレーヤーにアプローチすることであく。