毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

浦和レッズーシャペコエンセ

スルガ銀行チャンピオンシップ2017

シャペコエンセは昨年の飛行機事故を経て、今こうして日本の地で戦っている。サッカーはチームの想いを訴えることができるスポーツだ。

f:id:rio20120106:20170816135356p:image

 

前半10分、浦和は右サイドで武藤が受けて柏木に戻す。この時。左サイドで宇賀神が深い位置でフリーになる柏木からのボールをダイレクトでキーパーとディフェンスラインの間へ、中で会わず。浦和得意の両サイドを目一杯使ったワイドな攻撃。武藤、ズラタン、ラファエルシルバにディフェンスラインの4枚が対応し、逆サイドが空く攻撃。ペトロビッチが作った浦和の戦術は生き続ける。

 

 後半36分、阿部のドリブル対応。スピードに乗ったアポジのドリブルに対し、クロスステップで下がりながら相手が仕掛けてボールを長く出したところを足を伸ばしてカットする。相手のスピードに合わせて下がりながら仕掛けを待つ守り方は、ゴールから遠い時に有効。

 

後半42分、浮き玉にエリア内ズラタンが相手にもたれかかりながら反転。倒されてPK奪取。もたれかかられるとディフェンス側は動けなくなる。そこで足がかかるように反転したズラタンのプレー。