毎日サッカー、いつか日本がW杯で優勝する日を夢見て

soccer note

毎日1試合見てブログを書くことを目標に、日々サッカーの面白さを追求していきます。

日本代表ーブラジル代表 前線からの守備、カウンター、サイドチェンジ…

楽しみな試合ですね。

日本代表ーブラジル代表です。

フランスで行われました。

f:id:rio20120106:20171111020000j:image

 

キックオフ直後から激しくボールに寄せていく日本。

大迫選手がブラジルのセンターバック、ジェメルソンに寄せ、左サイドのマルセロへ逃げます。久保選手が寄せる。縦のネイマールに出したところで、酒井選手が後ろから、長谷部選手が横から、久保選手が前からネイマールを囲い込みます。

f:id:rio20120106:20171111021101j:image

いきなり、日本の狙いが見えましたね。ボールに対して前線からプレッシャーに行くとき、連動して全員が動き、サイドに追い込んで数的優位でボールを奪おうとしています。また、このとき、ボールと逆サイドの原口選手はボランチの位置まで、この画像にはいないですが、長友選手はセンターバックの位置まで中へ入ってきています。サッカーで言うところのポジションを「絞る」という表現ですかね。

 

1分、背後からカゼミロに襲いかかり、トラップぎわにボールを奪う井手口選手。井手口選手の守備時の判断力とスプリント能力が世界で通用することを証明するシーンが見られました。ここでも、大迫選手と久保選手で囲い込んでますね。

f:id:rio20120106:20171111022738j:image

 

1分には、ブラジルの右サイド、ダニーロ、ウィリアン、ジュリアーノとつなぐところで、原口選手、山口選手、井手口選手で囲み、最後は井手口選手がジュリアーノ選手の背後からトラップぎわに体を入れてボールを奪いかけました。囲んで背後から取る狙いが見えます。適任の井手口選手です。これで高い位置で奪えれば、日本が決定機を作れそうです。

 

3分、じゃあ長いボールでいきますよとマルセロから縦にネイマールへフィード。中へカットインしてくるネイマール。酒井選手がそのままついていき、最後は4人で囲みますが、右サイドから出てくるジュリアーノへ。ジュリアーノのシュートは長友選手が自分のマークを捨てて見事なブロックを見せまし

た。

f:id:rio20120106:20171111024533j:image

高い位置で囲みを突破されるとピンチになります。そして、フリーで2列目から出てこられると、ディフェンスラインで対応するため、後手に回ります。

 

5分、これまた日本の狙いが見えるシーンです。中央でのネイマールのドリブルに山口選手が対応、左に抜け出そうとしたところを井手口選手が激しく寄せます。後ろを向くネイマール。そこを山口選手が奪い取ります。そこから一気に前線へロングボール。大迫選手はチアゴシウバとジェメルソンの間から抜け出しますがキーパーがヘッドでクリア。低い位置で奪った時は、前線へロングボール1本で大迫選手が狙っています。

 

6分のブラジルの崩しは、フェルナンジーニョが絡んだダイレクトプレーでした。マルセロがネイマールからパスを受け、フェルナンジーニョとのワンツーで長谷部選手をかわし、井手口選手が素早くカバーしたところで、ダイレクトでフェルナンジーニョへ、フェルナンジーニョはダイレクトで裏を狙うジェズスへ。ジェズスがエリア内へ入るも槙野選手がカバーしました。4本のダイレクトからスルーパスを通してきました。

 

これで得たコーナーでPKを奪われてしまいました。ビデオアシスタントレフリーというシステムによるものでしたね。吉田選手がフェルナンジーニョを倒すシーンをレフリーが映像で確認し、こういった判定になりました。ネイマールが決めて1-0。

 

12分、ウィリアンがトラップ時にボールを動かして長友選手をかわし、素早くジェズスとワンツーで抜け出します。ボールをトラップ時に動かして、最初のディフェンスをかわし、次が来るタイミングでワンツーで抜け出す。日本の囲みに早くも対応してきています。逆サイドのネイマールへ。ボールは少しサイドに流れたんですが、ここでファーストタッチでトップスピードに上げ、エリア内へ突進。酒井選手は下がってエリアに入るしかありませんでした。ジュリアーノ、ダニーロとつないで、カゼミロのミドルは川島選手がセーブしました。

 

14分、日本が高い位置で奪って決定機を作りかけました。左サイドにマルセロに寄せる久保選手。ネイマールへの縦パスを長谷部選手がカット。カゼミロをマークしながらの見事なカットですね。そして、ダイレクトで久保選手へ。中へカットインして大迫選手へダイレクトで井手口選手へ。ダイレクトでスルーパスが久保選手へ。少しボールが後ろにずれてシュートまではいけませんでしたが、ブラジルからでも決定機が作れる可能性を見せたシーンでした。

f:id:rio20120106:20171111032506j:image

ブラジルの選手もボール保持時にはある程度ピッチ全体に広がっているので、前線で 奪ってすぐに攻撃すれば、高い位置で数的優位が作れます。

 

しかし、この高い位置での守備がかいくぐられるとブラジルの攻撃はとにかく速い。前線のウィリアンに入る。ゆっくり走ってボールに寄り、長友選手がトラップぎわに寄せようとしたところを、トラップとど同時にスピードアップ。ウィリアンはトップスピードも速いんですが、さらに緩急の使い方で相手の嫌がるプレーをします。ここですごいのは、ネイマールがウィリアンが絶妙のトラップを決める前からトップスピードで左サイドを駆け上がっていきます。トラップでボールが収まったから走るではないんです。味方がするプレーをイメージして走っています。この差が1秒だとしても、10メートル近い差になりますね。ジュリアーノ、ダニーロ、ジェズスも来ていました。一方の日本は吉田選手、槙野選手、長友選手、山口選手の4枚。これが世界トップクラスのカウンターです。走るスピードが速いのですが、走り出しも早い。ジュリアーノ、ダニーロとつないでクロスにネイマールが胸で落としてジェズスが受けたところで山口選手がジェズスを倒してPKを取られてしまいました。

 

しかし、やりました。ネイマールのPKを川島選手セーブ。すばらしい‼︎

と思いきや、直後のコーナーからマルセロにミドルを突き刺されました。2ー0

 

気落ちしてはいけませんね。これからこれから。

 

20分、ネイマールの左サイドでのドリブル。酒井選手が対応。縦に出して抜け出そうとするネイマールに対して酒井選手が反転しながら腕をネイマールの胸に当てます。一対一で体を入れる守備は、腕を相手の胸に当てることで、ファウルを取られずに守れます。小さい選手が相手だとこの腕が入りにくいのですが、身長が同じくらいのネイマールに対して酒井選手が綺麗に腕を胸に入れています。マルセイユの右サイドはパリ・サンジェルマンの左ウイングにここでも仕事をさせませんでした。

 

28分の日本の攻撃、ブラジルは引いています。が、奪ったら一気にカウンターを狙っています。そんな中で、日本は左サイドでの攻撃から、下げて山口選手がサイドチェンジ。酒井選手と久保選手で崩そうとし、再び長谷部選手に下げてサイドチェンジ。槙野選手が受けて縦パス。これが原口選手におさまり、カゼミロの高速カバーに倒されてファウルをもらいました。サイドチェンジ繰り返して、相手の守備を広げて、中の空いたスペースを使う日本の時間をかけた攻撃でした。吉田選手のフリーキックはポスト。惜しい。

 

30分、この時間帯は高い位置からプレッシャーをかけてきてディフェンスラインを高く保つブラジルに対して、右サイドに開いて受ける井手口選手。フェルナンジーニョのプレッシャーを受けながら、横の山口選手へ、山口選手がダイレクトで右サイドから裏を狙うらう久保選手へスルーパスを通しました。クロスに大迫選手こ、原口選手が詰めましたが、惜しくも合いませんでした。

f:id:rio20120106:20171111042734j:image

井手口選手から縦の久保選手に出すのは出しやすいのですが、ディフェンスは久保選手とボールを同時に見れるので守りやすいですね。井手口選手がキープして中の山口選手を使ったことで、マルセロは久保選手から目が離れました。そのタイミングを逃さなかった久保選手と、ダイレクトで狙った山口選手がイメージを共有しました。

 

20分を過ぎたあたりから、日本は前線からボールにプレッシャーをかけず、引いて守る守備が見られ始めました。ボールに対しては中央の右サイドならば長谷部選手、左サイドならば山口選手が寄せます。ブラジルのサイドバックは久保選手と原口選手が見ます。33分のこのシーンではウィリアンのカットインに、山口選手がしつこくついていき、最後は久保選手がサポートして数的優位で奪いました。

f:id:rio20120106:20171111044604p:image

やはり日本の強みは運動量で数的優位を作ることでしょうか。カウンターを狙いましたが、パスはずれました。

 

36分、ブラジルはカウンターからジェズスがスルーパスを狙います。

吉田選手がカット。こぼれ球を、カゼミロ、ウィリアン、ダニーロとつながれて、ダニーロの高速クロスにジェズスが合わせました。

 f:id:rio20120106:20171111050823j:image

カゼミロにボールがこぼれた時点で、ネイマール、ジェズス、フェルナンジーニョの3人がどこに入るかのサインを送り合っていました。

ネイマールがニア、ジェズスがファー、フェルナンジーニョがマイナスに入っていますね。

 

3ー0です。ブラジルがしっかりサッカーをやってくれています。日本にとって課題が出ることがありがたいです。

 

日本の失点直後にはやはり前からくるんですね。心理的にも追い込まれるとミスが起きやすいですからね。

 

44分には、引いて守る日本の守備陣の間でボールを持つネイマール。ジェズスが右に動いてパスを受け、ジェズスがあけたスペースでリターンを受けるネイマール。酒井選手がカバーしますが、こぼれがジェズスへ。ネイマールはもうラインと駆け引きをしています。スルーパスネイマールが抜け出しシュートは川島のスーパーセーブ。本日2度目です。あっ、オフサイドでしたね。

 

46分、久保選手→浅野選手

52分、浅野選手がマルセロからボールを奪い抜け出そうとするも、カゼミロがラインぎわまで高速カバーリングで防ぎました。

 

59分、マルセロ→アレックスサンドロ、ジェズス→ソウザ

日本は前線からの守備を見せてくれています。

60分には酒井選手がまたも一対一でネイマール選手からボールを奪いました。ネイマールがトラップするまでにできるだけ寄せて、トラップ時にはどちらにも行ける体勢で止まります。そして、ネイマールが縦に出ようとするところを鋭く反転して体を入れました。マルセイユでの成長がうかがえますね。

 

63分、日本の得点はコーナーからでした。井手口選手のコーナーキックに槙野選手が頭で合わせました。ブラジルはコーナーキック時に、特殊な守り方をしていました。ネイマールが槙野選手についていたのですが、槙野選手が飛び込む時にマークについていかず、ゴールエリア内でゾーンで守る選手に任せるような方法をとっていました。槙野選手はファーサイドに飛び込み、ジェメルソンの上からヘッドを決めました。1ー3

 

得点して勢いが出てきた日本。69分の連動した前からの守備はうまく奪えれば決定機でした。チアゴシウバへの横パスに対し、原口選手が寄せ、ダイレクトでジュリアーノに出したところを山口選手がカット。味方に渡れば決定機でした。山口選手は原口選手の寄せを見てチアゴシウバがダイレクトでジュリアーノに出すことを読んでいました。

 

そして70分、長谷部選手→森岡選手、原口選手→乾選手、ネイマール→タイソン、ウィリアン→ドグラスコスタ。井手口選手が長谷部選手のポジションへ入り、森岡選手が井手口選手のポジションに入りました。乾選手はそのまま原口選手のポジションでしょうか。

 

76分、今度はドグラスコスタとの対決となった酒井選手がまた一対一で勝利していました。ドグラスコスタのまたぎフェイントはネイマールとはリズムが違いますが、見事に縦の抜け出しに体を入れていました。サイドバックをやる選手にとってはお手本のような守り方です。

 

80分、大迫選手→杉本選手

83分、前線にフレッシュな選手が入り、前から追い込む日本。吉田選手が縦パスをカットしダイレクトで浅野選手へ。浅野選手→森岡選手→杉本選手と繋がりエリア内に進入しましたが惜しくもジェメルソンにカットされました。

 

86分、井手口選手→遠藤選手

 

最後までプレッシャーをかける日本。

88分、乾選手がドリブルで得たフリーキックに杉本選手が頭で合わせて決まりましたが惜しくもオフサイド。ギリギリのプレーでした。

 

結局1ー3で終了しました。